ページ内を移動するためのリンクです

気管支ぜんそく 台風や梅雨時に増加 季節の症状 医療特集 - メディカルiタウン


ここから本文です

医療特集

気管支ぜんそく

佐野虎ノ門クリニック 院長 佐野靖之

執筆者:

季節の変わり目、秋の台風シーズンに多くみられるぜんそく

気管支ぜんそくには実に様々な症状があります。典型的には「ゼーゼーヒューヒュー」という喘鳴(ぜんめい)※1 や発作性の呼吸困難、息苦しさなどがあれば診断されます。しかし、息苦しさのみあるいはせきのみ、さらには痰(たん)が多いブロンコレアという症状のみ、その他にのどがイガイガして気管部の腫れぼったさや違和感、胸痛、せき込みが激しくて夜寝られない、せき込んで吐きそうになったり、失神するなどの様々な胸部の症状が存在するのです。それゆえ胸部の症状で心臓と関係のないものは、ほとんどがぜんそく性のものと考えることができます。肺の病気でぜんそくと鑑別を要するCOPD(慢性閉塞性肺疾患)である肺気腫は、安静にしていれば問題なく、夜間に症状もなく歩いた時のみに息切れ、慢性気管支炎はどろっとした痰(膿性痰)であり、感染などでこれらが悪化するなど、気管支ぜんそくとはまったく異なります。

気管支ぜんそく

ぜんそくの症状の悪化の要因は様々ですが、季節性のものとして、秋の台風の多いシーズンには外来患者が約2倍に増加するなど低気圧の影響がみられます。また、6月の梅雨の時もそれなりに悪化がみられ、天候、あるいは低気圧、気圧の変動、雷が鳴る時など様々な原因があります。さらに、秋には夏に増えたダニの死骸が舞って、そのダニを吸入することによってぜんそくが悪化するともいわれています。

かぜをひくと必ずといっていいほどぜんそくの症状は悪化します。それはかぜのウイルスから出るサイトカイン、ケモカインなどの物質が、気道のアレルギー性炎症を活性化してぜんそくを悪化させるからです。この他にも過労、タバコの煙、ケミカルの臭いなどでも同様にみられます。

おかしいと思ったらまず専門医を受診すること

ぜんそくの基本の病態は、気道における慢性のアレルギー性炎症であることがわかっています。慢性的なアレルギー性炎症が気道に起こると、好酸球やリンパ球などの炎症細胞が無数に気道に浸潤(しんじゅん)※2 して、気道の上皮が剥離・剥脱を起こすと共に気道の内腔を狭くします。さらに痰が多くなり息苦しく発作状態に至ります。既述のようにタバコの煙やケミカルの臭いに敏感に反応し、それによって発作が起こる場合も少なくありません。働きすぎて過労に陥った人もぜんそく症状は悪化の一途をたどり、少し動いてもハァーハァー・ドキドキとした息切れ症候群が起こることもあります。

それゆえ胸部の症状がおかしいと感じた場合は、無理をしないで安静を保ち、定められた治療をキチンと行うことが大切です。もしそのような悪化の時に医師にまだ受診したことがない場合は、アレルギー科か呼吸器科の専門医をまず受診し、安定してから近くの先生にその後のフォローをお願いすると良いと思います。

検査ではオートスパイロメータを用いると、肺機能が客観的に数値としてわかりますので理解しやすいと思います。ぜんそくでは肺機能の低下がほとんどの人に認められます。40歳以下で若くしてそれらの低下がある場合には、ぜんそく性としてかなりの確率で診断することができます。もし、オートスパイロメータでの診断結果が正常人との割合で、その比率が10~20%低下するような場合は、かなりの症状がすでに存在するということがいえます。

副作用がない効果的な治療法「吸入ステロイド薬」

軽く息を吐く

吸入ステロイド薬を
深く吸い込む

5秒ほど息を止めてから吐く

ぜんそくの治療は最近目覚ましく発展し、わが国においても「吸入ステロイド薬」が広く使われるようになってきました。吸入ステロイド薬は、すでに30年前から存在したのですが、考え方が「ぜんそくとは気道が閉じて開くだけであって、気管支拡張薬のみが重要な薬剤」と考えられた時代ではあまり使用されなかったわけです。しかし最近、気管支鏡を用いてぜんそく患者の気管支の粘膜生検を行うことによって、気道の慢性的なアレルギー性炎症が常に存在し、それが症状を起こし呼吸機能を低下させるということがわかったのです。それ以後、その炎症を予防あるいは改善させるために、吸入ステロイド薬が重要な役割をはたすことがここ15年来よくわかってきており、ぜんそく治療ガイドラインでの記載によってさらに広まって、全世界的に吸入ステロイド薬の売上げもかなり高くなっています。

しかし、日本においては吸入ステロイド薬の使用頻度は比較的増えたものの、いまだ十分ではなく、さらに吸入指導も徹底して教育されていない患者さんも多くみられ、せっかく良い薬を持っていても改善されていない場合が散見されます。やはり吸入ステロイド薬を薬として活用するには、正しい吸入の仕方が絶対的に必要となります。

吸入ステロイド薬を処方された場合には、(1)まず軽く息を吐いて、そして(2)吸入ステロイド薬を口に加えてから少し強めに、深く肺の中に吸い込みます。(3)息を5秒ほど止めて、薬剤が気管支に沈着するのを待って吐き出す - これを指示された回数繰り返せば非常に効果的な吸入となります。

この吸入ステロイド薬は肺局所のみ作用し、他の臓器に作用しません。もし肺から血中に入ったとしても、肝臓での1回目の循環で99%以上代謝されて無害化されますので、身体にとってはまったく副作用のない薬剤といえます。それゆえ、吸入ステロイド薬はまったく無害な薬剤といえますので、経口ステロイド薬と同じに扱わないで、いたずらに副作用を心配しないことが肝要かと思います。最近は吸入ステロイド薬と気管支拡張薬の合剤であるアドエア®が発売され、さらに多くの先生方によって処方されるようになっておりますので、ぜひ正しい吸入の仕方と重症度にマッチした用量で治療を行うことが大切です。重症度分類はガイドラインでは表のように示されています。この表のところにある薬用量が大体の吸入の目安となります。

【各吸入ステロイド薬のステップ別の推奨用量】
(喘息予防・管理ガイドライン2006より改変)

パルミコート®
ステップ1
軽症間欠型
(最小量)
200 μg/日
ステップ2
軽症持続型
(低用量)
200~400μg/日
ステップ3
中等症持続型
(中用量)
400~800μg/日
ステップ4
重症持続型
(高用量)
800~1,600μg/日
フルタイドエアー®
ステップ1
軽症間欠型
(最小量)
100μg/日
ステップ2
軽症持続型
(低用量)
100~200μg/日
ステップ3
中等症持続型
(中用量)
200~400μg/日
ステップ4
重症持続型
(高用量)
400~800μg/日
フルタイドディスカス®
ステップ1
軽症間欠型
(最小量)
100 μg/日
ステップ2
軽症持続型
(低用量)
100~200μg/日
ステップ3
中等症持続型
(中用量)
200~400μg/日
ステップ4
重症持続型
(高用量)
400~800μg/日
アドエア®
ステップ1
軽症間欠型
(最小量)
100μg/日
ステップ2
軽症持続型
(低用量)
100~250μg/日
ステップ3
中等症持続型
(中用量)
250~500μg/日
ステップ4
重症持続型
(高用量)
500~1,000μg/日
キュバール®
ステップ1
軽症間欠型
(最小量)
100μg/日
ステップ2
軽症持続型
(低用量)
100~200μg/日
ステップ3
中等症持続型
(中用量)
200~400μg/日
ステップ4
重症持続型
(高用量)
400~800μg/日
オルベスコ®
ステップ1
軽症間欠型
(最小量)
100μg/日
ステップ2
軽症持続型
(低用量)
100~200μg/日
ステップ3
中等症持続型
(中用量)
200~400μg/日
ステップ4
重症持続型
(高用量)
400~800μg/日

この他、サルタノール®やメプチンエア®などの吸入β2刺激剤、いわゆる吸入性気管支拡張薬がありますが、これらは苦しく感じる時などに使用(頓用)する薬となっております。この薬剤のみで治療している場合には、いわゆる抗炎症作用のない薬剤ですので、気道は次第に狭くなり呼吸機能も低下してきて気道が敏感になっていきます。それゆえ、必ず吸入ステロイド薬を主体にして治療することが大切といえます。そのような吸入β2刺激剤主体の治療を続けていると、ぜんそく死の危険性があります。ぜんそく死はいまだ日本ではかなり減ったというものの年間2,500人(平成19年人口動態統計の概況)が死亡しておりますので、これを0に持っていく「ぜんそく死ゼロ作戦」が厚生労働省を巻き込んで多くの先生方によって努力されているところです。いわゆるその努力とは、吸入ステロイド薬をさらにひろく広めることです。

その他に気管支拡張剤であるテオフィリン製剤があります。しかし、注射薬のネオフィリン®と同じように効果はあるのですが、吐き気や動悸、胃の痛みなどの副作用を伴いますので少し控えめに内服するほうが良いかと思われます。また最近では、抗炎症作用に優れる抗アレルギー薬が登場してきており、特にロイコトリエン拮抗薬やTh2サイトカイン阻害薬などが効果的で広く使われております。軽症のステップ1や2の軽症まではこれらの薬剤の単剤使用でも良いですが、やはりステップ3や4の中等~重症では重症度が増すにつれて、吸入ステロイド薬は必須の薬剤となりますので、併用使用が望ましいといえます。

以上、気管支ぜんそくについて記してきましたが、胸部の症状があれば吸入ステロイド薬を上手に使用してみるということが大切だということです。そうすることにより、患者さん御本人が息苦しいことが次第になくなってきます。胸部の違和感やせきや痰なども、長く使っているうちに次第に消失し、まったく通常の人と同じような生活が送れるようになることが、吸入ステロイド薬治療の大変魅力的な利点だと思います。

  • ※1 喘鳴(ぜんめい)・・・呼吸するたびに出る高い呼吸音。
  • ※2 浸潤(しんじゅん)・・・炎症が起きたとき、炎症部位のまわりに白血球やリンパ球が集まってくることをいう。がん組織が周囲の組織に広がっていくこともさす。

情報提供元 : (C)株式会社 日本医療企画
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

指定場所から病院を探す

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

病院検索では、全ての診療科目一覧から探すことができます。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります