ページ内を移動するためのリンクです

アレルギー疾患 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

あれるぎー疾患

アレルギー疾患

アレルギー疾患について解説します。

執筆者:

アレルギーとは

生体は体に侵入した異物(抗原(こうげん))に対して抗体(こうたい)や感作(かんさ)リンパ球をつくり、異物が再び侵入した時にそれを処理して、無害化する能力をもっています。これが免疫反応であり、生体の防御機構のなかでも極めて重要なものです。

しかし、状況によっては免疫反応によって生体に障害を起こすことがあり、この場合をアレルギー反応といいます。また、I型アレルギー反応(後述)の原因になる抗原をアレルゲンと呼んでいます。

アレルギー疾患とは

アレルゲンと接触すると、I型アレルギー反応によってただちに症状を起こす一群の病気があります。これらがアレルギー疾患と呼ばれるもので、本章で扱う気管支喘息(きかんしぜんそく)、花粉症(かふんしょう)・鼻(び)アレルギー、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーショックなどが該当します。

これらの病気は、あとで述べる免疫グロブリンE(IgE)抗体が発症の引き金となります。IgE抗体をつくりやすい体質をアトピー素因といいます。アレルギー疾患、別名アトピー性疾患には、それゆえに遺伝性があることが知られています。

アレルギー疾患の現況

アレルギー疾患に悩む人は、近年世界的にも著しく増えています。日本の厚生省(当時)アレルギー総合研究事業の全国調査(1992〜1997年)によれば、何らかのアレルギー疾患をもっている人は乳幼児で28・3%、小・中学生で32・6%、成人で30・6%と、ほぼ3人に1人という高率であることが報告されています。すなわち、日本には3000万〜4000万人の患者さんがいると考えられます。

しかし、アレルギー疾患が注目されるようになったのは、ここ30年くらいのことです。たとえばスギ花粉症は1960年代半ばに初めて報告されたのですが、今では全成人の25%を超す高い有症率とされています。また患者数の増加は現在でも続いており、近い将来には全国民の50%以上が、アレルギー症状に悩む可能性もあります。

新たなアレルギー疾患

気管支喘息、スギ花粉症、アトピー性皮膚炎などは古くから知られている病気ですが、それ以外にも新しいアレルギーの病気が注目されています。本章のコラムなどで扱う食物依存性運動誘発性アナフィラキシー、口腔アレルギー症候群、ラテックスアレルギーがその代表的なものです。また今後も新たなアレルギー疾患が現れてくる可能性があります。

アレルギー疾患を小分類から探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります