ページ内を移動するためのリンクです

膀胱留置カテーテル 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ぼうこうりゅうちかてーてる

膀胱留置カテーテル

膀胱留置カテーテルについて解説します。

執筆者:

膀胱留置カテーテルの解説(コラム)

 尿道を通じてカテーテル(管)を膀胱内に挿入し、持続的に尿を体外に排出させることを指します。

 膀胱内に尿が充満していて自分では排尿できない状態(尿閉(にょうへい))、支配する神経の障害で膀胱壁の筋肉の収縮が不完全な状態(神経因性膀胱)、また、手術後で尿量の管理を行う時など、さまざまな状況でカテーテルを留置することがあります。

 カテーテルは、天然ゴムや高分子化合物で作られ、表面にはシリコンやシルバーを塗布し、細菌の感染を予防する工夫がされています。通常は通路が2本あり、1本は尿を導くものであり、1本は先端部に取り付けてある風船状のもの(バルーン)を滅菌水(めっきんすい)でふくらませるためにあります。

 バルーンが膀胱内でふくらむと、カテーテルは引き抜くことはできません。人によっては、カテーテルの留置で尿道、膀胱が刺激され、苦痛を伴うこともあります。その場合は、鎮痛薬などで対応します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります