ページ内を移動するためのリンクです

意識障害の重症度(JCSとGCS) 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

いしきしょうがいのじゅうしょうど(じぇーしーえすとじーしーえす)

意識障害の重症度(JCSとGCS)

意識障害の重症度(JCSとGCS)について解説します。

執筆者:

意識障害の重症度(JCSとGCS)の解説(コラム)

 意識は“あり、なし”で2つに分けられるものではなく、意識がはっきりしている清明(せいめい)と、意識がまったくない深昏睡(しんこんすい)の間にいくつかの段階があります。

 代表的な意識障害の重症度評価が、日本で広く用いられているJCS(ジャパン・コーマ・スケール、別名3‐3‐9度)と、世界的に使われているGCS(グラスゴー・コーマ・スケール)です。

(1)JCS

 刺激しないでも覚醒(かくせい)(眼を開けてまばたきしているか、応答が可能)している状態を1桁、声や痛みの刺激により覚醒する状態を2桁、刺激しても覚醒しない状態を3桁として、それぞれをさらに3段階に分けます。このほかに意識清明を0とするので、深昏睡の300まで、意識は10段階に分類されます(表3)。

(2)GCS

 開眼の反応をE、言葉の反応をV、運動の反応をMとして、それぞれにスコアを付けて合計点で評価します。意識清明はEが4、Vが5、Mが6で合計15、深昏睡はそれぞれ1で合計3になります(表4)。8以下を重症頭部外傷と定義し、JCSでは30以上に相当します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります