ページ内を移動するためのリンクです

眼の解剖図 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

めのかいぼうず

眼の解剖図

眼の解剖図について解説します。

執筆者:

眼の解剖図の解説(コラム)

 図15は眼の断面図です。

 眼の前のほうからいくと、まず、角膜(かくまく)と呼ばれる透明な膜があります。外界と接しており、外傷の影響を受けやすい部分です。

 その奥は、前房(ぜんぼう)と呼ばれる房水(ぼうすい)という水がつまった部分があります。鈍的(どんてき)外傷の際に起こる前房出血はこの部分に起こります。

 さらにその奥に、虹彩(こうさい)というカメラにたとえるとしぼりの役割を果たす構造があります。血管、色素が豊富で鈍的外傷を受けた眼の炎症の主要部となります。

 水晶体(すいしょうたい)は、チン小帯(しょうたい)と呼ばれる組織により支えられています。水晶体はいわゆるレンズの役割を果たしています。

 硝子体(しょうしたい)は、ゲル状の物質で満たされた透明な組織です。光が眼のなかに入り、水晶体、硝子体をへて、カメラにたとえるとフィルムにあたる網膜(もうまく)に像を結び、視神経(ししんけい)を介して大脳に伝わり、物を見ることになります。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります