ページ内を移動するためのリンクです

血を吐いた<症状別 応急手当> 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ちをはいた<しょうじょうべつ おうきゅうてあて>

血を吐いた<症状別 応急手当>

血を吐いた<症状別 応急手当>について解説します。

執筆者:

応急手当

血を吐く場合には、吐血と喀血があります。吐血は食道や胃・十二指腸などからの出血で、真っ赤または暗赤色、コーヒーかすのような色の血を吐きます。喀血は気管支や肺からの出血で、咳込みながらまっ赤な血を吐きます。

  1. 【1】大量の出血なら、ただちに119番に通報する。救急車の呼び方)
    • 少量でも、あとで大出血する怖れがあるので、すぐに医師へ連絡し指示をあおぐ
    • トイレなどで吐いた時は、流さないようにする。救急隊員に出血の量を見てもらうと、医師の治療の参考になる
  2. 【2】衣服をゆるめ、顔を横向きにして静かに寝かせる。
    • 出血に動揺せず落ち着いて手当する
    • 再び吐くことに備え、洗面器を用意しておく
  3. 【3】背中をさすりながら、たまっている血を吐き出させる。
    • 喀血(かっけつ)の場合はなるべく咳をさせ、吐き出させると呼吸が楽になる
    • 吐き終えたら、薄い塩水か水でうがいをさせる
    • 吐いた血を飲み込まないように呼吸を整えさせる
    • 再び血を吐かないように話をさせない
    • 吐いた物は、すみやかに片づけ、本人に見せないようにする。吐いた物は取っておき、あとで医師に見せる
    • 汗が出ない程度に毛布などで保温する
    • のどが渇くなら、氷の小片をガーゼに包んで含ませる
    • 医師の診断があるまで飲食は禁止、うがい程度にする
  4. 【4】意識がない、または非常に反応が鈍くなってきたら、心肺蘇生法を救急車が来るまで続ける。

※感染予防のため、血液には直接触れないこと。できればゴム手袋やビニール手袋を使用する。

指定場所から病院を探す

指定場所から病院を探す

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります