ページ内を移動するためのリンクです

おなかがとても痛い<症状別 応急手当> 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

おなかがとてもいたい<しょうじょうべつ おうきゅうてあて>

おなかがとても痛い<症状別 応急手当>

おなかがとても痛い<症状別 応急手当>について解説します。

執筆者:

応急手当

  1. 【1】膝を立てて、あお向けに寝かせる。
    • 低い枕をし、クッション、または座布団などを折ってあてがうと楽になる。これが苦しいなら、いちばん楽な姿勢をとらせる
    • 急におこる嘔吐が考えられるため、顔を横に向けておき、吐瀉物(としゃぶつ)による窒息を防ぐ
    • 吐きたいなら吐かせ、薄い塩水か水でうがいをさせる
    • 水や食べ物を与えない
    • 浣腸は使わない
    • 痛みが治まったら、しばらく安静にして落ち着かせ、早めに受診する
  2. 【2】状態をよく観察
    • 激しい痛みが続く、または短時間でぶり返す
    • 吐いても痛みが治まらない
    • おなかがふくれ上がる、または板のように堅くなる
    • 血便があり、右下腹部にしこりがある
    • 腟から出血している(女性)
    • 全身状態が悪化する(ショック症状)

    →顔面蒼白、冷や汗、めまい、失神、息切れ、意識朦朧(いしきもうろう)など、ひとつでもあれば、すぐに119番に通報する(救急車の呼び方)

  3. 【3】意識がない、または非常に反応が鈍くなってきたら、心肺蘇生法を救急車が来るまで続ける。

指定場所から病院を探す

指定場所から病院を探す

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります