ページ内を移動するためのリンクです

けいれんを起こした<症状別 応急手当> 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

けいれんをおこした<しょうじょうべつ おうきゅうてあて>

けいれんを起こした<症状別 応急手当>

けいれんを起こした<症状別 応急手当>について解説します。

執筆者:

応急手当

  1. 【1】二次的なけが、やけどなどの事故を起こさないように、まわりにある危険物を取り除く。

    ※重要注意点

    • ひきつけの最中に、いきなり抱いて動かさないこと
    • 無理に押さえつけない
    • 大声で呼んだり、ゆすったりしない
    • 水をかけたりしない
    • 無理に口をこじあけて、ハンカチやスプーンなどを入れない
  2. 【2】衣服をゆるめ、顔を横向きにして寝かせる。
    • 部屋をやや暗くする
    • 熱があるなら、氷嚢や蓄冷剤などで冷やす
    • 吐いた物が見えたら、反応のある傷病者の場合は吐き出すように指示する。特別な異物の除去は行わない
  3. 【3】けいれんが数分で治まったら、しばらく様子をみて、早めに病院へ。
  4. 【4】状態をよく観察
    • 5分以上、けいれんが続く
    • 短時間にけいれんを繰り返す
    • 熱がないのにけいれんしている
    • 体の片側が強くけいれんしている
    • 白眼をむいたり、眼つきがおかしい
    • 意識がない、朦朧(もうろう)としている
    • 治まったあとも意識が朦朧としている
    • 嘔吐を繰り返す、吐瀉物をつまらせる
    • 麻痺がある

    など、ひとつでもあれば、すぐに119番に通報する(救急車の呼び方)

  5. 【5】意識がない、または非常に反応が鈍くなってきたら、心肺蘇生法を救急車が来るまで続ける。

指定場所から病院を探す

指定場所から病院を探す

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります