ページ内を移動するためのリンクです

嘔吐した(吐いた)<症状別 応急手当> 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

おうとした(はいた)<しょうじょうべつ おうきゅうてあて>

嘔吐した(吐いた)<症状別 応急手当>

嘔吐した(吐いた)<症状別 応急手当>について解説します。

執筆者:

応急手当

  1. 【1】背中をさすって、吐きたいだけ吐かせる。
    • 水や薄い塩水を飲ませると、吐くのが楽になる
    • 吐いた物は手早く片づけ、薄い塩水か水で口をよくすすがせる。吐いた物が周囲にあると、また吐き気を誘うので、注意する
    • 吐いた物は取っておき、あとで医師に見せる
  2. 【2】衣服をゆるめ、吐瀉物で窒息しないよう、顔を横向きにして寝かせる。
    • 再び吐くことに備え、洗面器を用意しておく
  3. 【3】嘔吐が治まったら思い当たる原因をたずね、少しでもおかしいと思ったら医師に連絡。
  4. 【4】状態をよく観察
    • 嘔吐が止まらない
    • 頭痛、めまいがある
    • 麻痺がある
    • 胸が痛い
    • 激しい腹痛が続く
    • 呼吸の状態がおかしい
    • 意識が混濁している

    など、ひとつでもあれば、すぐに119番に通報する(救急車の呼び方)

  5. 【5】意識がない、または非常に反応が鈍くなってきたら、心肺蘇生法を救急車が来るまで続ける。

指定場所から病院を探す

指定場所から病院を探す

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります