ページ内を移動するためのリンクです

捻挫した(ねんざした)<応急手当> 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ねんざした<おうきゅうてあて>

捻挫した(ねんざした)<応急手当>

捻挫した(ねんざした)<応急手当>について解説します。

執筆者:

解説

  1. 【1】患部をよく冷やす。
    • 氷嚢、蓄冷剤、ポリ袋に入れた氷などをあてて冷やす。その後も、痛みのある間は冷湿布をする
    • 関節を引っ張るなど、無理に戻そうとしてはいけない
  2. 【2】傷めた関節全体を包むように伸縮包帯で固定する。
    • タオル、脱脂綿、布、スポンジなどを厚くあて、押さえるように伸縮包帯を巻いて、関節を固定する
    • くじいた方向とは逆の方向に、関節をやや曲げて固定
  3. 【3】患部を心臓より高い位置に上げる。
  4. 【4】2~4日は患部を安静に。はれや痛みが強く、長く続く時は整形外科へ。

指定場所から病院を探す

指定場所から病院を探す

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります