ページ内を移動するためのリンクです

熱中症になった<応急手当> 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ねっちゅうしょうになった<おうきゅうてあて>

熱中症になった<応急手当>

熱中症になった<応急手当>について解説します。

執筆者:

解説

  1. 【1】状態を観察。
    • 意識がない、または反応が非常に鈍ければ、すぐに119番に通報し、救急車が来るまで心肺蘇生法を続ける(救急車の呼び方)
    • 意識があるなら、風通しのよい木陰やクーラーがきいている室内など、涼しいところに運び、寝かせて衣服をゆるめる、または脱がせる
  2. 【2】体温が高い時は、あらゆる方法で体温を下げる。
    • 衣服をできるだけ脱がせて、体に水を吹きかける。水は常温、できればぬるま湯(40~45度)がよい
    • 氷嚢、蓄冷剤などを、首・腋の下・脚の付け根(鼠徑(そけい)部)にあてる
    • 扇風機、うちわ、ドライヤー(常温)、タオルなどで風を送る
  3. 【3】状態を観察。落ち着いてきたら病院へ運ぶ。

指定場所から病院を探す

指定場所から病院を探す

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります