ページ内を移動するためのリンクです

眼に異物が入った<応急手当> 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

めにいぶつがはいった<おうきゅうてあて>

眼に異物が入った<応急手当>

眼に異物が入った<応急手当>について解説します。

執筆者:

解説

絶対に眼をこすらず、無理して取らないこと。何が入ったかどんな状態かを調べます。とくに、瞳孔(黒眼)の変形があるときは重症です。

  • 金属などの破片が入った
  • 眼球に刺さっている
  • 黒眼に細かいゴミが付着している

 などの場合は、眼にはできるかぎり触れないようにして、ガーゼでおおってすぐに眼科へ。

薬品や洗剤などの化学製品が入った

  1. 【1】薬品を薄めるという気持ちで、すぐに30分間ほど流水で洗い続ける。
    • 水道またはホース、やかんなどで、少しずつ水を流して静かに洗い流す
    • 異物の入ったほうの眼を下にし、もう一方に入らないように
    • まぶたをひっくり返して、まぶたの裏側もしっかり洗う
  2. 【2】意識がない、または反応が非常に鈍くなってきたら、心肺蘇生法を救急車が来るまで続ける。 救急車の呼び方)

ゴミや虫が眼に入った

  1. 【1】絶対に眼をこすらずに、数回まばたきして涙で異物を流す。流水でもよい。
  2. 【2】ある程度試しても取れない時は無理をせず、ガーゼでおおって眼科へ。

指定場所から病院を探す

指定場所から病院を探す

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります