ページ内を移動するためのリンクです

傷ができた<応急手当> 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

きずができた<おうきゅうてあて>

傷ができた<応急手当>

傷ができた<応急手当>について解説します。

執筆者:

解説

傷は、大きい小さい、深い浅い、傷口が滑らかか複雑か、汚れの付着など、状態によっては初期手当が後の治療に大きく影響します。傷ができた状況を冷静に観察しておきます。

大きな傷の場合

  1. 【1】出血しにくくするために、傷を心臓より高い位置へ上げる。
  2. 【2】ガラス、金属などの異物はガーゼでそっと取り除く。深く入ってしまったものは無理に取らない。
    • 水や消毒薬は使わない
  3. 【3】止血する。
    • 傷口に異物が残っている時は、異物をなかに押し込まないよう注意して圧迫する

    ※感染予防のため、血液には直接触れないように。できればゴム手袋やビニール手袋を使用する。

  4. 【4】以上の手当をしたら、すぐに病院を受診する。

小さな傷の場合

  1. 【1】水道水で十分に洗い流す。
    • 傷口が小さく浅ければ、救急絆創膏だけでよい
  2. 【2】傷口に砂や土などがくい込んで取れない場合。
    • 奥に押し込めないように、流水で洗い流す
    • ガーゼで軽くこすり取る
    • ピンセット、毛抜きなどでつまみ出す
  3. 【3】清潔なガーゼをあてて絆創膏や包帯で止めるか、救急絆創膏を貼っておく。
    • 傷口の汚れがひどい時、深い刺し傷の時は、破傷風になる危険があるので必ず病院へ。破傷風の予防接種を受けたことがあるなら、そのことを医師に告げる

指定場所から病院を探す

指定場所から病院を探す

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります