ページ内を移動するためのリンクです

トゲ・釘・ガラスなどを刺した<応急手当> 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

とげ・くぎ・がらすなどをさした<おうきゅうてあて>

トゲ・釘・ガラスなどを刺した<応急手当>

トゲ・釘・ガラスなどを刺した<応急手当>について解説します。

執筆者:

解説

  1. 【1】何が刺さっているかを調べる。
    • 大きなガラスや金属片を刺した時は、抜かずにガーゼでおおって病院へ
  2. 【2】刺さり方をよく見て、角度を変えずに逆方向に完全に抜き取る。
    • 細かいガラスは、ピンセットで取り除く。ただし無理はしない
    • 木、竹、グラスファイバーなど、繊維性の容易に破損しやすい物を抜く時は抜き残しなどに注意
  3. 【3】出血が多量なら、ガーゼをあてて圧迫し止血する。

    ※感染予防のため、血液には直接触れないように。できればゴム手袋やビニール手袋を使用する。

    ※次の場合は手当のあと、必ず病院へ。

    • 古釘、泥だらけのトゲなど……破傷風の危険性あり
    • 出血が多い……血管を傷つけている疑いあり
    • 取れたようでも力が加わると痛い……刺さった物が取り切れてない
    • 取り除いたあとも膿が出る……異物が残っている

指定場所から病院を探す

指定場所から病院を探す

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります