ページ内を移動するためのリンクです

胸腔ドレナージ 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

きょうくうどれなーじ

胸腔ドレナージ

胸腔ドレナージについて解説します。

執筆者:

胸腔ドレナージの解説(コラム)

 気胸、開放性気胸、緊張性気胸、血胸(けっきょう)、血気胸(けっききょう)などの際に行われる治療法です。胸腔内に胸腔ドレーンと呼ばれるチューブを挿入して、胸腔内に溜まった空気や血液を体外へ排出することで、虚脱(きょだつ)(収縮)した肺を再び膨張(ぼうちょう)させ、呼吸障害を軽くすることができます(図39)。

 チューブは通常、第5〜6肋間の前〜中腋下線から挿入します。胸腔内は、常に陰圧(外界よりも低い)を保っていなければ呼吸障害が現れるので、チューブの端は接続管をへて低圧持続吸引器に接続し、マイナス5〜20cm2Oの陰圧で吸引します。

 チューブを挿入したら、空気漏出と血液流出の状態を経時的にチェックし、胸部X線撮影で胸腔内の変化を観察します。その結果、必要があれば、緊急開胸手術を行います。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります