ページ内を移動するためのリンクです

虹彩離断 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

こうさいりだん

虹彩離断

虹彩離断について解説します。

執筆者:

どんな外傷か

鈍的(どんてき)外傷により、虹彩(こうさい)が離断された状態です。多くは前述の前房出血を伴います。

原因は何か

外力が加わって、その圧力が虹彩を引き伸ばし、引き裂かれることによります。

症状の現れ方

瞳孔(どうこう)は正常では正円をしていますが、離断した虹彩は牽引(けんいん)がかかり(引っぱられる)、不整形を示します。全周にわたって離断した場合を外傷性無虹彩症(むこうさいしょう)といいます。程度により異なりますが、多くの症例で視力低下、羞明(しゅうめい)(まぶしさ)、眼圧の上昇などを来します。

検査と診断

視力・眼圧・細隙灯(さいげきとう)顕微鏡検査(隅角検査を含む)、眼底検査などを行います。外傷性虹彩炎(がいしょうせいこうさいえん)、高眼圧、硝子体(しょうしたい)出血網膜剥離(もうまくはくり)などの合併症の有無を確認します。

治療の方法

散瞳薬(アトロピン点眼)、ステロイド薬の点眼で炎症を鎮めます。また、高眼圧に対しては、点眼および内服治療を行います。

虹彩離断の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×