ページ内を移動するためのリンクです

腎盂腎炎 症状チェック- メディカルiタウン


ここから本文です

症状チェック

じんうじんえん

腎盂腎炎

腎盂腎炎とは

腎臓に大腸菌などの細菌が感染して炎症を起こす病気です。腎盂と腎臓内部に炎症が起きます。多くは尿路から細菌が腎臓にさかのぼっていくことで起こります。特に、女性では膀胱(ぼうこう)炎をくり返す人に多くみられます。幼児では膀胱から尿管へ尿が逆流することで起こります。

解説の続きを読む

チェックシート

質問に対する回答を選んで、「選択完了」ボタンをクリックしてください。

1さむけやふるえを伴う38~40度の熱がありますか

項目を選択してください。

2朝になると熱が下がりますか

項目を選択してください。

3背中をたたくと激しい痛みがありますか

項目を選択してください。

4腰のうしろのあたりに痛みがありますか

項目を選択してください。

5吐き気や嘔吐(おうと)がありますか

項目を選択してください。

6血圧が高く、むくみや貧血がありますか

項目を選択してください。

7全身がだるいですか

項目を選択してください。

選択されていない項目があります。

選択完了

[ご利用上の注意]
「症状チェック」 は、特徴的な症状に対する一般的な傾向として医学知識の情報を提供するものであり、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医師にご相談のうえ、専門的な診断を受けるようにして下さい。

腎盂腎炎の症状

悪寒を伴う発熱と背中や腰のうしろの痛みが、おもな自覚症状です。腎盂腎炎をくり返して起こしていると、高血圧やむくみ、貧血など慢性腎炎と似た症状が出てきます。

腎盂腎炎の治療

細菌を除去するために抗生物質を服用します。原因を調べて、感染経路や原因菌などを総合的に診断して、適切な治療をおこないます。

尿の量が少ないと細菌感染が起こりやすくなるので、十分な水分の補給につとめましょう。

検査

検尿をおこない、培養検査で原因となる菌を調べたり、抗生物質の感受性を調べます。X線検査、腹部超音波検査(腹部エコー)、静脈性腎盂撮影といった画像診断で、結石があるかどうか、膀胱から尿管への逆流がないかどうかを調べます。

幼児がくり返す腎盂腎炎の場合には、逆流性や先天奇形がないかどうかを調べる必要があります。

監修者

赤坂山王クリニック院長 梅田 悦生

1942年生まれ、兵庫県出身。

大阪市立大学医学部卒業後、仏ストラスブール大学医学部附属病院レジデント、大阪市立大学医学部附属病院、国立国際医療センター、関東中央病院部長等を経て現職。医学博士、日本抗加齢医学会専門医。元日本ペンクラブ会員。

もっと読む

症状から病気を調べる

主な症状と、付随する症状から、疑われる病気を調べることができます。

高熱と付随する症状 疑われる病気名
腹痛 右上腹部痛、黄疸 茶褐色の尿、白い便 A型急性肝炎
血液の混じった下痢 肝膿瘍
黄色い液を吐く 胆石症胆嚢炎・胆管炎
へそ周囲の痛みから右下腹部痛、吐き気、嘔吐 虫垂炎
下腹部を押して離すと痛む、気分不快、嘔吐 子宮付属器炎
頻尿、排尿痛 腰痛、背部痛、血尿 急性腎盂腎炎
排尿困難、残尿感、会陰部の痛み 急性細菌性前立腺炎
全身倦怠感、息切れ、出血しやすい・とまりにくい、貧血 急性白血病

「熱が出た(発熱)」をもっと見る

編集制作 : (C)株式会社 時事通信出版局

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります