ページ内を移動するためのリンクです

肛門ポリープ 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

こうもんぽりーぷ

肛門ポリープ

肛門ポリープについて解説します。

執筆者:

どんな病気か

肛門管の上方、肛門上皮と直腸粘膜との境目に全周性の波打った場所があり、ここを歯状線(しじょうせん)といいます。

そこにある肛門乳頭(にゅうとう)が、排便時に刺激を受けて炎症性・線維性に大きく伸びて脱出したものです(図18)。慢性裂肛(れっこう)の産物としてよくできます。腫瘍性の直腸ポリープとは別のもので、悪性化はまずありません。

症状の現れ方

裂肛に伴うことが多いのですが、内痔核(ないじかく)に併存することもあります。小さいうちは無症状ですが、大きくなると振り子のように伸びてきて脱出(有茎性ポリープ)し、裂けた時は痛みと出血を伴います。

治療の方法

単独の場合には、通院で局所麻酔下の切除が可能です。裂肛肛門皮垂(こうもんひすい)、内痔核直腸ポリープを合併する場合は、それらの病気の根治術と同時に切除します。多発する時は電気メスで焼いたり、切除します。

肛門ポリープの初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

直腸・肛門の病気を小分類から探す

直腸・肛門の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで病院を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×