<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

けいついしょうとこうれいしゃ

頸椎症と高齢者

頸椎症と高齢者について解説します。

執筆者:

頸椎症と高齢者の解説(コラム)

 頸椎の退行性の変化は加齢に伴って起こるため、頸椎症の多くは中高年者に発症します。頸椎は重い頭を支え、前後左右への運動が激しいため、加齢による変化が比較的強く現れやすい部位です。年をとると椎体骨(ついたいこつ)のふちには骨棘(こつきょく)が形成され、扁平化するとともに、椎間板は水分含有量が減って弾性が低下し、後方に突出するようになります。また後縦靭帯(こうじゅうじんたい)や黄色(おうしょく)靭帯にも肥厚や石灰化などの変化が起こります。

 これらの変化のために頸椎脊柱管(けいついせきちゅうかん)が狭くなって、脊髄(せきずい)、神経根が圧迫されたり、前脊髄動脈、根動脈の循環障害が生じてさまざまな症状が現れることになります。このような加齢による頸椎の変化は40歳以上の人ではかなりの頻度でみられますが、症状がまったくない人もいます。

 高齢者の上肢のしびれの原因としては脳卒中や糖尿病性ニューロパチーなどもありますが、頸部の痛みや肩こりを伴い、感覚障害が前腕や一定の指に限られている場合は頸椎症が疑われますので、整形外科や神経内科の医師に相談してみてください。

      情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
      掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。