ページ内を移動するためのリンクです

狭心症 症状チェック- メディカルiタウン


ここから本文です

症状チェック

きょうしんしょう

狭心症

質問に対する回答を選んで、「選択完了」ボタンをクリックしてください。

1階段をのぼるときなどに胸の前部に締めつけられるような痛みがありますか

項目を選択してください。

2胸の痛みのほかに、あごや左腕、右肩に痛みがはしることがありますか

項目を選択してください。

3胸の痛みのほかに、冷や汗や吐き気を伴うことがありますか

項目を選択してください。

4胸やけやしびれのような不快感を感じることがありますか

項目を選択してください。

5歩行中、胸の強い圧迫感や胸の痛みが1~2分、長くとも20分くらい続き、安静にするとおさまりましたか

項目を選択してください。

6高血圧あるいは低血圧ですか

項目を選択してください。

7肥満体ですか

項目を選択してください。

8家族性高脂血症ですか

項目を選択してください。

9たばこをすいますか

項目を選択してください。

10糖尿病や痛風がありますか

項目を選択してください。

選択されていない項目があります。

選択完了

[ご利用上の注意]
「症状チェック」 は、特徴的な症状に対する一般的な傾向として医学知識の情報を提供するものであり、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医師にご相談のうえ、専門的な診断を受けるようにして下さい。

狭心症とは

心臓の左右の壁に冠状にはしっている冠状動脈の動脈硬化や、けいれんなどで血流が一時的に減少することで起こります。酸素が不足するため心臓の筋肉がはたらかなくなります。血液不足の状態は一時的なもので、またもとに戻ります。運動をしたり、重いものを持ったりしているときに起こる場合を労作性狭心症、血管のけいれんなどにより安静時に起こるものを安静時狭心症と呼びます。いずれも短いときで1~2分、長くとも20分以内でおさまります。

発作が頻繁に起こり、安静時でもよく起こる場合には注意が必要です。冠状動脈が完全につまった状態の心筋梗塞(こうそく)になる危険があるためです。

発作の感じかた

発作の感じかたは人によって違います。軽い息がつまる感じから、胸が焼けつくような激しい痛みまであり、痛みの強さと病気の重さは必ずしも一致しません。痛みが少ないからといっても安心はできません。

生活上の注意

発作を引き起こすようなことを避けることです。暴飲暴食、無理な運動、急に走るなどを避け、発作が起こったら安静にすることです。禁煙、肥満の解消、過度な飲酒を避けることも大切です。動物性脂肪や塩分のとりすぎにも注意しましょう。

高血圧、糖尿病のある人はきちんと治療することも大切です。

狭心症の治療

発作のときには亜硝酸薬(ニトログリセリンや硝酸イソソルビド)を舌の下に入れて溶かして服用します。発作は数分でおさまります。これらの薬を常に携帯して、発作が起きたらすぐに服用できるようにします。

発作予防にはβ遮断薬、カルシウム拮抗薬、冠拡張薬が使われます。

心不全がある場合には、利尿薬や強心薬も使われます。

カテーテル手術など

薬では症状がよくならない場合には、狭くなった冠状動脈の血管を押し広げるために、カテーテルによる冠状動脈血行再建術をおこないます。カテーテルにはステント(金属管)留置、バルーンによる血管拡張などがあります。このほか、足の静脈などを取り付けてつまった血管を迂回する血管バイパス術があります。

検査

心電図:発作のないときには変化が出ないため、24時間記録できる携帯用心電図(ホルター心電図)を装着したり、心臓に負荷をかけて心電図をとります。
心エコー:心臓の大きさや心肺の動きなどを検査します。
心筋シンチグラフィ:心筋への血流の状態を検査します。
冠状動脈造影:カテーテルによる造影検査で、血管の狭窄のようすを調べます。

心筋梗塞や狭心症に関連する症状チェック

監修者

赤坂山王クリニック院長 梅田悦生

1942年生まれ、兵庫県出身。

大阪市立大学医学部卒業後、仏ストラスブール大学医学部附属病院レジデント、大阪市立大学医学部附属病院、国立国際医療センター、関東中央病院部長等を経て現職。医学博士、日本抗加齢医学会専門医。元日本ペンクラブ会員。

著書に『めまいの診断・治療』(金原出版)、編・著『当直医実戦マニュアル』改訂第3版(南江堂)、α新書『奇跡の新薬開発プロジェクト』(講談社)、『症状からひく薬の相互作用』(中外医学社)、『新型インフルエンザ アウトブレイク前夜』(時事通信社)など多数。

このほか『ワインの基礎知識』(時事通信社)などワインを中心とした食文化関連の著書も数多く執筆している。

大学医学部での耳鼻咽喉科の講義や、農業系・音楽系の大学での飲酒生理学や音声生理学の講義は、学生たちにわかりやすいとの定評があった。 現在は、テレビ出演してノロウイルスやインフルエンザ予防・対策等についてわかりやすく解説を行うなど、多方面で活躍している。(了)

よく見られている症状チェックシート

編集制作 : (C)株式会社 時事通信出版局

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります