ページ内を移動するためのリンクです

胸が痛い、押さえつけられるような感じがする 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

むねがいたい、おさえつけられるようなかんじがする

胸が痛い、押さえつけられるような感じがする

胸が痛い、押さえつけられるような感じがするについて解説します。

執筆者:

どのような状態か

胸痛や胸部圧迫感は、狭心症(きょうしんしょう)心筋梗塞(しんきんこうそく)の主な症状として重要です。とくに高齢者では、動脈硬化(どうみゃくこうか)が進むことによりこれらの病気が起こりやすくなっているので注意が必要です。

狭心症とは、心筋(しんきん)(心臓の筋肉)に栄養を与えている冠状動脈(かんじょうどうみゃく)の内腔が動脈硬化などで狭くなって血流が不足し、心筋に十分な酸素が届けられなくなってしまう状態です。心筋梗塞は、冠状動脈の内腔がふさがって血液が流れなくなり、酸素が途絶えて心筋が壊死(えし)した状態です。

心臓は多くの人の場合、左側の胸部前方に位置していて、胸骨(胸部の正中線上にある骨)と左側の肋骨で囲まれています。すなわち、左乳頭の後ろ側に手のこぶし程度の大きさで位置します。狭心症でも心筋梗塞でも、心筋に流れる血液が滞るため(虚血(きょけつ))、この場所が痛んだり、圧迫されたりします。

したがって、指先で示されるほど局所的ではなく、手のひらで包み込むような感じで痛みを感じることが多いのです。この点が、肋骨の痛み(肋骨自体を押すと局所的な痛みがある)や肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)(1本の肋骨に沿って痛みが走る)と違う点です。

症状の現れ方

一般に、痛みは呼吸と無関係です(胸膜に関わる痛みは吸気時に痛く、深く呼吸することができなくなる)。動脈硬化による狭心症では、階段を上ったり、重い物を持ったりなど、脈拍が速くなり血圧が上がる場合に痛みが起こり、安静にすれば長くても15分くらいでおさまります。ただし、動脈硬化によらない狭心症もあり、この場合は安静時、たとえば夜間就眠中に同様の痛みで目が覚めることが特徴的です。どちらの場合も、ニトログリセリンの舌下錠(ぜっかじょう)を1錠なめると、多くは2~3分で回復しますが、重症では、さらにもう1錠必要な場合もあります。

一方、心筋梗塞ではこのような痛みが30分以上続きます。ニトログリセリンで軽快する場合もありますが、完全ではありません。痛みの程度は千差万別で、激しく胸をかきむしるような痛みが一般的ですが、軽い圧迫感のみや、また、嘔吐などの消化器症状のこともあります。無症状(糖尿病がある場合に多い)の場合もあります。

必要な検査と疑われる病気

心電図所見と血液検査で、心臓から出るCPK値、CPK‐MB値、トロポニンの有無で狭心症心筋梗塞の診断が可能です。心臓の動きをみる心エコーやホルター心電図(心電図を24時間記録する装置)も、虚血性心疾患の診断に役立ちます。

家庭での対処のしかた

前述の症状が安静にしても軽快しない場合はすぐ救急車で病院に行きます。安静で消える症状であれば、無理な活動はしないで早めに医療機関(内科、循環器内科)を受診してください。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで病院を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります