ページ内を移動するためのリンクです

アルコール依存症 症状チェック-メディカルiタウン


  1. 医療総合トップ
  2. 症状チェック
  3. アルコール依存症
文字の大きさ
標準

ここから本文です

症状チェック

アルコール依存症

[ご利用上の注意]
「症状チェック」 は、特徴的な症状に対する一般的な傾向として医学知識の情報を提供するものであり、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医師にご相談のうえ、専門的な診断を受けるようにして下さい。

質問に対する回答を選んで、「選択完了」ボタンをクリックしてください。

1アルコールがないといられず、そのことだけで頭がいっぱいになりますか

項目を選択してください。

2いけないと分かっていても、アルコールはやめられませんか

項目を選択してください。

3酔いつぶれるまで飲み、目が覚めるとまた飲むということが多いですか

項目を選択してください。

4アルコールが切れると、手がふるえたり、けいれんが起きますか

項目を選択してください。

5アルコールを飲むとふるえやけいれんが止まりますか

項目を選択してください。

6アルコールが切れると、小さな虫がたくさん見えますか

項目を選択してください。

7胃痛や便秘、下痢をよくしますか

項目を選択してください。

8動悸や息切れなどがありますか

項目を選択してください。

9だるくなったり黄疸が出たりしますか

項目を選択してください。

10性欲が低下しましたか

項目を選択してください。

11集中力がなくなったり、もの忘れが激しくなりましたか

項目を選択してください。

12性格が変わり、攻撃的、衝動的になったりしましたか

項目を選択してください。

選択されていない項目があります。

選択完了

アルコール依存症とは

精神的にも身体的にもアルコールに依存し、アルコールがないといられず、その結果さまざまな精神的、身体的症状が出てきます。急性中毒をくり返し、大量にアルコールを飲み続けて起こります。

急性アルコール中毒、アルコール嗜癖

アルコールを飲むと、だれでも酔います。酔った状態を急性アルコール中毒といいます。この急性中毒がくり返され、依存症へと進んでいきます。一気飲みによって意識障害や死亡するケースもあります。

アルコール依存症とまではいえませんが、それにいたる危険があるのがアルコール嗜癖です。慢性中毒のはっきりした症状はないものの、毎晩のように酒を飲んだりします。女性のキッチン・ドリンカーもその一つです。この状態が続くと、アルコール依存症になっていきます。依存症を予防するためにも、早めに医師の診察を受けましょう。

渇酒症

酔いつぶれるまで飲んで、目が覚めるとまた飲みだして、再びつぶれるまで飲み続けるという連続飲酒の状態になることです。こういった状態が数日間続くと、最後はアルコールをまったく受けつけなくなり、ひどい全身衰弱状態になります。

身体への障害

心肥大などの循環器疾患、肝機能障害、胃腸障害、性欲低下があらわれます。内科や外科でアルコール依存症が発見されることもあります。

アルコール精神病

依存症が続くと精神障害が出てきます。アルコール嫉妬妄想、アルコール幻覚症、健忘、作話(作り話)、見当識障害(時間や場所がわからなくなる)があらわれます。

アルコール依存症の治療

アルコールを体外に出す解毒、断酒活動、精神病症状の治療がおこなわれます。本人の自覚や家族の理解と協力が大切です。家族が保健所や精神保健センターでの酒害相談を利用することから治療が開始されることもあります。断酒会、AA(アルコール依存症の人の匿名の集まり)の自助グループへの参加も必要になります。

薬物療法では、医師の診断のもとで、酒を嫌いになる嫌酒薬の投与、幻覚や被害妄想に対する抗精神薬の投与などがおこなわれます。

よく見られている症状チェックシート

監修 : 梅田 悦生 赤坂山王クリニック院長
監修 : 岡田 郷 日本小児科学会専門医、医学博士
編集製作 : 株式会社 時事通信出版局

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 時事通信出版局
免責事項・著作権等について

24時間いつでもWebで受付 iタウンページ診療予約

24時間いつでもWebで受付 iタウンページ診療予約

お知らせ

お知らせ

サイトが正しく表示されていない、動作しない、と思われるときは、推奨環境についてをご確認ください。


ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります