ページ内を移動するためのリンクです

自律神経失調症 症状チェック-メディカルiタウン


ここから本文です

症状チェック

じりつしんけいしっちょうしょう

自律神経失調症

質問に対する回答を選んで、「選択完了」ボタンをクリックしてください。

1安静にしていても動悸(どうき)、息切れ、胸の痛みがありますか

項目を選択してください。

2胃腸の具合がよくないですか(嘔吐〈おうと〉、下痢〈げり〉、便秘)

項目を選択してください。

3皮膚の色が青白くなったり、赤くなったりしますか

項目を選択してください。

4異常に汗をかきますか

項目を選択してください。

5めまい、耳鳴り、頭痛のどれかがありますか

項目を選択してください。

6よく立ちくらみしますか

項目を選択してください。

7いつも疲れていますか

項目を選択してください。

8緊張しやすいですか

項目を選択してください。

9人とうまくいかないと思いますか

項目を選択してください。

10自分は不幸で死にたいと思いますか

項目を選択してください。

11神経質ですか

項目を選択してください。

12家族にうつ傾向や神経質なところがあったり、精神科に入院したことがありますか

項目を選択してください。

13いつも落ち着かず、ふるえたり、イライラすることがありますか

項目を選択してください。

14ストレスが体調に影響しますか

項目を選択してください。

選択されていない項目があります。

選択完了

[ご利用上の注意]
「症状チェック」 は、特徴的な症状に対する一般的な傾向として医学知識の情報を提供するものであり、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医師にご相談のうえ、専門的な診断を受けるようにして下さい。

自律神経失調症とは

はっきりした身体の病気がないのに、精神的な影響で、自律神経症状がからだに出る状態です。たとえば、ストレスが続いたりすると自律神経症状が出てきます。全身倦怠、めまい、頭痛、動悸(どうき)、血圧の上下、下痢(げり)、不安感、緊張、イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、食欲不振、不眠といったさまざまな症状があり、数えきれません。ただ、これらの症状から安易に自律神経失調症と自己診断してはいけません。うつ病やパニック障害などの可能性もあるからです。

一方、なんらかの身体の病気があって、その原因や経過に心理的なものが深くかかわっている場合を心身症といいます。たとえば、ストレスによる胃潰瘍(かいよう)や高血圧、気管支ぜんそく、過敏性腸症候群といったものです。心因的な要素が大きい自律神経失調症や心身症はともに病態を表し、病名ではありません。

自律神経とは

自律神経には内臓や血管のはたらきをコントロールする神経で、血圧、心拍数を上げたりする交感神経と、その反対のはたらきをする副交感神経があります。交感神経は活動的な昼間に、副交感神経は安静時の夜間に活発になります。

自律神経失調症になりやすいタイプ

生まれつき敏感で緊張しやすい人がなりやすい病気です。神経質で小さいことでも気になったり、悩んでしまうタイプです。そこにさまざまなストレスが加わり、自律神経のバランスがくずれてしまいます。

自律神経失調症の治療

ストレスの軽減や、夜ふかしなどの生活習慣の改善などを図ることが第一です。ストレスの軽減療法としては、自己催眠による自律訓練法などがあります。自覚症状がひどい場合には、症状を抑えるために抗不安薬やホルモン薬を服用することもあります。

検査

診断がむずかしい病気です。問診・面接、除外診断(ほかの病気ではないという診断)、自律神経機能検査、心理・性格検査がおこなわれ、総合的に判断されます。

除外診断ではそれぞれの症状に応じた検査がおこなわれます。たとえば、動悸がする場合には心電図などで心臓の病気を検査し、異常がなければ、自律神経失調症の検査をおこないます。

専門的な検査が必要なので、できれば、心療内科を受診しましょう。

監修者

赤坂山王クリニック院長 梅田悦生(うめだよしお)

1942年生まれ、兵庫県出身。

大阪市立大学医学部卒業後、仏ストラスブール大学医学部附属病院レジデント、大阪市立大学医学部附属病院、国立国際医療センター、関東中央病院部長等を経て現職。医学博士、日本抗加齢医学会専門医。元日本ペンクラブ会員。

著書に『めまいの診断・治療』(金原出版)、編・著『当直医実戦マニュアル』改訂第3版(南江堂)、α新書『奇跡の新薬開発プロジェクト』(講談社)、『症状からひく薬の相互作用』(中外医学社)、『新型インフルエンザ アウトブレイク前夜』(時事通信社)など多数。

このほか『ワインの基礎知識』(時事通信社)などワインを中心とした食文化関連の著書も数多く執筆している。

大学医学部での耳鼻咽喉科の講義や、農業系・音楽系の大学での飲酒生理学や音声生理学の講義は、学生たちにわかりやすいとの定評があった。 現在は、テレビ出演してノロウイルスやインフルエンザ予防・対策等についてわかりやすく解説を行うなど、多方面で活躍している。(了)

関連する症状から考えられる主な病気

主な症状と、付随する症状から、疑われる病気を調べることができます。
病気名を選択すると、その病気の解説へ遷移します。

めまいとその他の症状 疑われる病気名
動悸、失神、疲れやすい 不整脈
動悸、胸苦しい、息苦しい、不安感、恐怖感 パニック障害
  貧血起立性低血圧症低血圧症高血圧症動脈硬化全般性不安障害自律神経失調症更年期障害など

「症状から病気を調べる」のトップへ

編集制作 : (C)株式会社 時事通信出版局

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

専門家に相談してよかった!-iタウンページみんなの相談窓口

ジェネリック医薬品の基礎知識~有効に活用するために~

専門家に相談してよかった!-iタウンページみんなの相談窓口

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります