ページ内を移動するためのリンクです

自律神経失調症 症状チェック-メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

症状チェック

自律神経失調症

質問に対する回答を選んで、「選択完了」ボタンをクリックしてください。

1安静でも動悸、息切れ、胸痛がありますか

項目を選択してください。

2胃腸の具合が良くないですか(嘔吐、下痢、便秘)

項目を選択してください。

3皮膚の色が青白くなったり、赤くなったりしますか

項目を選択してください。

4異常に汗をかきますか

項目を選択してください。

5めまい、耳鳴り、頭痛のどれかがありますか

項目を選択してください。

6気を失ったことがありますか

項目を選択してください。

7いつも疲れてますか

項目を選択してください。

8緊張しやすいですか

項目を選択してください。

9人とうまくいかないと思いますか

項目を選択してください。

10自分は不幸で死にたいと思いますか

項目を選択してください。

11神経質ですか

項目を選択してください。

12家族にうつ傾向や神経質なところがあったり、精神科に入院したことがありますか

項目を選択してください。

13いつも落ち着かず、ふるえたり、いらいらすることがありますか

項目を選択してください。

14何かおびえることがありますか

項目を選択してください。

15ストレスが体調に影響しますか

項目を選択してください。

選択されていない項目があります。

選択完了

[ご利用上の注意]
「症状チェック」 は、特徴的な症状に対する一般的な傾向として医学知識の情報を提供するものであり、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医師にご相談のうえ、専門的な診断を受けるようにして下さい。

自律神経とは

自律神経は内臓や血管のはたらきをコントロールする神経で、血圧、心拍数を上げたりする交感神経と、その反対のはたらきをする副交感神経からできています。交感神経は活動的な昼間に、副交感神経は安静時の夜間に活発になります。

自律神経失調症とは

はっきりした身体の病気がないのに、精神的な影響で、自律神経症状がからだに出る状態です。たとえば、ストレスが続いたりすると自律神経症状が出てきます。全身倦怠、めまい、頭痛、動悸、血圧の上下、下痢、不安感、緊張、イライラ、発汗、ふるえ、肩こり、吐き気、食欲不振、不眠といったさまざまな症状があり、数えきれません。ただ、これらの症状から安易に自律神経失調症と自己診断してはいけません。うつ病やパニック障害などの可能性もあるからです。

一方、なんらかの身体の病気があって、その原因や経過に心理的なものが深くかかわっている場合を心身症といいます。たとえば、ストレスによる胃潰瘍や高血圧、気管支ぜんそく、過敏性腸症候群といったものです。心因的な要素が大きい自律神経失調症や心身症はともに病態を表し、病名ではありません。

自律神経失調症になりやすいタイプ

生まれつき敏感で緊張しやすい人がなりやすい病気です。神経質で小さいことでも気になったり、悩んでしまうタイプです。そこにさまざまなストレスが加わり、自律神経のバランスがくずれてしまいます。

自律神経失調症の検査

自律神経失調症かどうかわからない方

問診・面接、除外診断(ほかの病気ではないという診断)、自律神経機能検査、心理・性格検査がおこなわれ、総合的に判断されます。さまざまな症状があるため、自律神経失調症でなくとも、ほかの病気の初期症状の可能性があります。更年期障害の症状とも重なるため、中年の男性、女性はホルモン検査も必要になってきます。

除外診断ではそれぞれの症状に応じた検査がおこなわれます。たとえば、動悸がする場合には心電図などの心臓の病気の検査がおこなわれます。このときの検査でほかの病気が発見される可能性があります。早めに医師の診察を受けましょう。できれば、症状に応じて、心療内科、泌尿器科、婦人科といった専門医を受診しましょう。

自律神経失調症の疑いがある方、おおいにある方

診断がむずかしい病気です。問診・面接、除外診断(ほかの病気ではないという診断)、自律神経機能検査、心理・性格検査がおこなわれ、総合的に判断されます。

除外診断ではそれぞれの症状に応じた検査がおこなわれます。たとえば、動悸がする場合には心電図などの心臓の病気の検査がおこなわれ、異常がなければ、自律神経失調症の検査をおこないます。

専門的な検査が必要なので、できれば、心療内科を受診しましょう。

自律神経失調症の治療

ストレスの軽減や、夜ふかしなどの生活習慣の改善などを図ることが第一です。ストレスの軽減療法としては、自己催眠による自律訓練法などがあります。自覚症状がひどい場合には、症状を抑えるために抗不安薬やホルモン剤を投与することもあります。

よく見られている症状チェックシート

監修 : 梅田 悦生 赤坂山王クリニック院長
監修 : 岡田 郷 日本小児科学会専門医、医学博士
編集製作 : 株式会社 時事通信出版局

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 時事通信出版局
免責事項・著作権等について

24時間Web予約!便利なポイントと使い方 iタウンページ診療予約

子どもの歯のケア安心ガイド 虫歯予防・治療・矯正

24時間Web予約!便利なポイントと使い方 iタウンページ診療予約

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります