ページ内を移動するためのリンクです

RNAによる遺伝子の調節 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

あーるえぬえーによるいでんしのちょうせつ

RNAによる遺伝子の調節

RNAによる遺伝子の調節について解説します。

執筆者:

RNAによる遺伝子の調節の解説(コラム)

 近年20〜30塩基程度の低分子RNAや、蛋白(たんぱく)をコードしないmRNA型のRNAの存在が明らかにされ、それらが遺伝子機能の多様性や複雑性に関与しているのでは、と考えられ始めています。

 きっかけになったのはFireとMello博士によって発見されたRNA干渉(かんしょう)(RNAi)という現象でした(両博士はこの発見により2006年ノーベル賞を受賞)。

 これは特定のmRNAと相同な2本鎖RNAを導入すると、そのmRNAが分解されるという現象です。最初に線虫で見つかった現象ですが、今では多くの動植物で確認されています。

 2本鎖RNAが導入されると、Dicerと呼ばれるRNA分解酵素が結合して、21〜23塩基対のsmall interfering RNA (siRNA)に切断されます。このsiRNAはいくつかの蛋白質とRISC(RNA induced silencing complex:RNA誘導型サイレンシング複合体)と呼ばれる複合体を形成し、mRNAの相同塩基配列と結合してmRNAの切断を行います。このことによりmRNAは蛋白質の合成ができなくなります。

 この発見を機に、ゲノム中から産生される21〜23塩基のRNAの検索が行われ、今日microRNA (miRNA)と呼ばれるRNA群が多数同定されました。miRNAはmRNAの主に3’非翻訳領域に結合し、翻訳の制御やmRNAの安定性の制御を行っていることが明らかになってきました。

 また、ひとつのmiRNAが多くの遺伝子を制御していること、さらに遺伝子のなかには複数のmiRNAによって制御されているものもあることがわかってきました。

 RNAiを用いた遺伝子抑制法は、比較的手軽に応用できる画期的な遺伝子抑制法として、あっという間にさまざまな分野で使われるようになりました。

 今後は遺伝子機能の解析はもとより、がんや感染症などの遺伝子治療にも、貢献することが期待されています。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります