ページ内を移動するためのリンクです

森永砒素ミルク事件 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

もりながひそみるくじけん

森永砒素ミルク事件

森永砒素ミルク事件について解説します。

執筆者:

森永砒素ミルク事件の解説(コラム)

 粉ミルクの安定剤として添加した第二リン酸ソーダに含まれていた砒素によって起こった、乳児の砒素中毒です。

 1955(昭30)年初夏、西日本の各地に、食欲不振、不眠、皮膚の発疹や色素沈着、下痢・嘔吐、発熱、腹部膨満(ぼうまん)・肝の肥大などを示す乳児が多発して、1万2131名の患児が発生し、約130名が死亡しました。

 原因は、森永乳業徳島工場で製造された粉ミルクに乳質の安定剤として添加された第二リン酸ソーダに砒素(亜砒酸(あひさん)As23)が3〜9%含まれていたことによるものでした。患児は1日2〜4mg(成人の亜砒酸の摂取限度量は1・5mg)、合計で90〜140mgの亜砒酸を摂取していたと推定されています。

 事件発生の翌年、中毒児を対象として検診が行われ、ごく少数の例外を除いて異常なしと判定され、事件は解決したと思われていました。しかし15年目の追跡調査で、すべて砒素中毒と関係あるか否かは断定できないものの、難聴、精神科的異常が多く認められたとの報告がありました。

中毒と環境因子による病気を小分類から探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります