ページ内を移動するためのリンクです

たばこ関連病 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

たばこかんれんびょう

たばこ関連病

たばこ関連病について解説します。

執筆者:

たばこ関連病の解説(コラム)

 これまでに行われてきた多くの疫学調査で、喫煙は多くの病気の原因になることがわかり、これらを総称して「たばこ関連病」と呼んでいます。

主なたばこ関連病

(1)がん:肺がん、喉頭がん、口腔がん、咽頭がん、食道がん、胃がん、肝臓がんなどの増加がみられます。とくに肺がんの原因の70%を占め、すべてのがんを平均すると20〜30%になります(図5)。

(2)循環器系の病気:喫煙は、高血圧、高コレステロール血症とならんで心筋梗塞(しんきんこうそく)の三大危険要因です。そのほか、脳血管障害(とくに脳梗塞(のうこうそく)とくも膜下出血)、大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)、末梢血管の閉塞性疾患、高血圧、善玉コレステロールの低下などの原因になります。

(3)呼吸器系の病気:高齢者でみられる肺気腫(はいきしゅ)、慢性気管支炎などは大部分が長期にわたる喫煙が原因とされています。気管支喘息(ぜんそく)の発作を引き起こすともされています。

 そのほか、胃・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、歯周病などの消化器系の病気、胎児障害、妊娠率の低下、流産、妊婦の異常などの生殖器系の病気、アルツハイマー病、聴力障害、睡眠障害などの脳・神経系の病気、全体としての寿命の短縮や老化の促進もたばこ関連病とされており、非喫煙・禁煙でこれらの病気が減ることも証明されていいます。

受動喫煙によるたばこ関連病

 喫煙する本人だけでなく、たばこを吸う夫をもつ家庭の主婦でも肺がん(1・4〜2倍)、鼻腔(びくう)がん、脳腫瘍、乳がんや心筋梗塞、慢性呼吸器病などが増加すると報告されています。母親の喫煙による乳幼児の肺炎、乳幼児突然死症候群、胎児・新生児障害も報告されています。

たばこ関連病による死亡者と医療費

 WHO(1995年)の発表によると、日本人の喫煙が関係した死亡者は、全体の死亡者の14%、米国では20%とされています。また日本人全体の喫煙による病気の医療費は年間で3兆2000億円(2000年)になります。直接的にも間接的にも喫煙の影響は大です。

中毒と環境因子による病気を小分類から探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります