ページ内を移動するためのリンクです

家庭用防虫剤中毒 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

かていようぼうちゅうざいちゅうどく

家庭用防虫剤中毒

家庭用防虫剤中毒について解説します。

執筆者:

どんな中毒か

家庭用防虫剤には従来、パラジクロルベンゼン、ナフタリン、樟脳(しょうのう)の3種類の成分が使われていました。最近、シート状の防虫剤が市場に出回っており、これにはピレスロイドが使われています。

防虫剤市場の70%を占めるパラジクロルベンゼンは、数g(碁石大のもの1個)を飲み込んでも健康に害を及ぼしません。ピレスロイドも毒性が低い物質です。これに反し、ナフタリンや樟脳は2~3g(成人)で中毒症状を引き起こします。防虫剤中毒では、その成分を確認することが第一です。

防虫剤による中毒は、乳幼児や認知症の老人の誤食によるものが多くなっています。認知症の患者さんが口にする場合は、薬やアメ玉と思ってなめたり、飲み込んだりというものであり、袋の上からかじる小児の誤食よりずっと大量になります。

症状の現れ方

ナフタリン中毒の症状は溶血(ようけつ)(赤血球の崩壊)によるもので、大量に摂取すれば腎障害を起こします。急性中毒では吐き気・嘔吐、腹部不快感、発汗、頭痛、振戦(しんせん)(震え)、重症の場合では意識障害がみられます。

樟脳は中枢神経毒であるため、興奮、呼吸促進、頻脈(ひんみゃく)、けいれんが現れます。重症の場合では錯乱(さくらん)、意識障害から呼吸停止に至ります。

樟脳中毒の発症は遅くとも2時間以内なので、誤食後2時間以上経過して無症状なら問題はありません。

検査と診断

包装など品物(成分)を判別するものがなくなっている場合は、水に浮くか沈むかという比重による簡単な識別法が有用です(図6)。

治療の方法

解毒剤はなく、けいれん対策や呼吸管理などの対症療法が行われます。

家庭用防虫剤中毒の初診に適した診療科目

iタウンページの検索結果へ遷移します。

選択した科目のiタウンページ都道府県選択へ遷移します。

中毒と環境因子による病気を小分類から探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×