ページ内を移動するためのリンクです

アスベスト(石綿)による健康障害 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

あすべすと(せきめん)によるけんこうしょうがい

アスベスト(石綿)による健康障害

アスベスト(石綿)による健康障害について解説します。

執筆者:

アスベスト(石綿)による健康障害の解説(コラム)

 アスベストは、天然に産する繊維状ケイ酸塩鉱石で、耐摩性、耐熱性などに優れ、スレート剤、ブレーキライニング、断熱剤、保温剤、とくに9割以上が建材に用いられていました。しかし、多くの健康に関する影響が明らかになり、現在では全面的に使用が禁止されました。今後問題となるのは、かつて曝露された人や、建物の解体作業による曝露者です。主な病気には図7表15に示したものがありますが、いずれも潜伏期間が10〜40年と極めて長く、長期にわたる監視が大切です。

 アスベストに関係する仕事をしていた人には、年2回の健康診断と定年後も毎年の健康診断(健康管理手帳制度)が行われます。また、一般の方で近隣のアスベスト工場からアスベストを吸入した可能性があり、咳、呼吸困難などの症状のある人や、とくに心配な方は近隣の労災病院などの専門医療機関で相談してください。アスベスト労災者の健康障害に対しては、労災補償制度があり、一般の方にも補償救済制度があります。

中毒と環境因子による病気を小分類から探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります