ページ内を移動するためのリンクです

Rh型母子間血液型不適合妊娠 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

あーるえいちがたぼしかんけつえきがたふてきごうにんしん

Rh型母子間血液型不適合妊娠

Rh型母子間血液型不適合妊娠について解説します。

執筆者:

Rh型母子間血液型不適合妊娠の解説(コラム)

 お母さんと胎児の血液型が一致しない(不適合)場合、まれにお母さんの血液成分(抗体)が胎児の血液を攻撃して、胎児の貧血を引き起こし、重症になれば胎児の全身のむくみ(胎児水腫(たいじすいしゅ))や胎児の死亡を起こすことが知られています。

 血液型には、実は数十種類の分類法がありますが、妊娠で問題になるのは主にABO型とRh型です。Rh型不適合妊娠では、Rh陰性のお母さんがRh陽性の胎児を妊娠した場合、最初の妊娠では異常は起こりませんが、2回目以降の妊娠で問題が起こる可能性があります。

 妊娠中は、初期からお母さんの血液検査で抗体の有無を調べることにより、この異常が発生する可能性がわかります。異常がみられれば、胎児の状態を超音波検査で観察しながら、早期に分娩させたり、出生後は赤ちゃんの血液を交換する治療が必要になります。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります