ページ内を移動するためのリンクです

帯下とは 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

たいげ

帯下とは

帯下とはについて解説します。

執筆者:

帯下とはの解説(コラム)

 帯下は、外陰部、腟内、子宮頸管(けいかん)、子宮内腔からの分泌物が、生理的にあるいは病的に増えたもので、いわゆる「おりもの」が多い状態をいいます。

 健康な女性の腟内容物は、白色、粘稠(ねんちゅう)(粘りけがある)で、外陰に流出することはまれです。生理的な帯下と病的な帯下に分けられます。

生理的な帯下

 排卵前の子宮頸管粘液の増加(卵胞(らんぽう)ホルモンが増えて子宮頸管からの粘液の量が増える)や、性交時に出る分泌物などを「おりもの」として感じることがありますが、病的なものではありません。

病的帯下

 本項(外陰炎、腟炎の項)で述べられているように、細菌、ウイルスなどの病原性微生物の感染、子宮・卵管などの炎症、腫瘍・腫瘤(しゅりゅう)(子宮がん、ポリープ、一部の子宮筋腫(きんしゅ)など)によるものなどがあります。色調や性状で、白色、黄色、液状、粥状(じゅくじょう)、膿性(のうせい)、血性などと表現されます。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります