ページ内を移動するためのリンクです

「ゲット・ジ・アンサーズ」を実行する 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

げっと・じ・あんさーずをじっこうする

「ゲット・ジ・アンサーズ」を実行する

「ゲット・ジ・アンサーズ」を実行するについて解説します。

執筆者:

「ゲット・ジ・アンサーズ」を実行する

「ゲット・ジ・アンサーズ」(“Get the answers”)とは「答えてもらおうよ」という意味です。

1983年にアメリカで始まった運動で、薬について医師や薬剤師に「遠慮なく質問して、答えてもらおうよ」というキャンペーンです。80年代の日本は、医師に薬のことを聞くことがなかなか難しかった時代です。

1996年から日本薬剤師会はアメリカとまったく同じキャッチフレーズを使って運動を始めています。薬のことは何でも薬剤師に聞いてください、と患者に訴えかけています。

日本薬剤師会は、薬を上手に使用するために、質問する時のポイントとして次の5つをあげています。

(1)この薬の名前は?

(2)何に効くの?

(3)服用する前に注意することは?

(4)副作用は?

(5)ほかの薬や食べ物とののみ合わせは?

(1)の薬の名前については、医薬分業になって処方箋をもらえばわかるようになりました。

(2)については、当然ながら何に効く薬か知っておく必要があります。血圧を下げる薬であるとか、痛みを抑える薬であるとかです。

これは日本薬剤師会のホームページで注意していることですが、狭心症の発作を予防する薬で「貼り薬」の形をしているものがあります。皮膚に貼っておけば有効成分が皮膚を通して吸収され、心臓の血管にはたらくのです。この貼り薬を、「狭心症に効く」ということを知らないで、肩こりや腰痛に効く薬であると誤解すると大変なことになります。実際に腰痛の薬だと誤解して使ったお年寄りがいたそうです。命に関わることもあるといいます。

(3)については、「毎食後3回服用」とか、「1日2回服用」というように薬ののみ方はいろいろあります。1日に2度しか食事をとらない人はどうすればいいのか、医師や薬剤師に納得のいくまで質問するべきです。

(4)の副作用については、あらかじめ処方された薬の副作用を知っておけば、それらしき症状が出た場合、いち早く医師や薬剤師に相談することができます。副作用かなと思ったら、すぐに医師や薬剤師に連絡すべきです。薬の副作用は軽いものから、時に命に関わる重篤なものまであることを忘れてはなりません。

(5)については、ある薬とある薬をのみ合わせると薬が効かなくなったり、逆に効き目が強くなったりします。このことを薬の「相互作用」といいます。薬と食品との間にも相互作用があります。時には生命を奪う相互作用もあるのです。生命を奪わないまでも、同時に多くの種類の薬をのむと、相互作用が多く現れる危険性があるといわれています。

「のみ合わせ」は薬同士ばかりとは限りません。食品や飲み物との食べ合わせやのみ合わせも、思いがけない作用をみせることがあります。

脳血栓などの治療や予防に用いる抗血栓薬(血液を固まりにくくする薬)でワルファリンカリウムという薬があります。この薬と納豆を一緒に摂ると、薬の効き目が弱くなります。納豆菌は腸のなかでビタミンKをつくりだし、そのビタミンKがワルファリンカリウムの作用を妨げるのです。また、ある種の高血圧の薬とグレープフルーツジュースを一緒にのむと、薬の作用が増強し、血圧が下がりすぎる危険性があることが知られています。

アルコール類とののみ合わせも注意しましょう。一部の糖尿病薬、精神安定薬、睡眠薬、抗うつ薬などと一緒にのむと、危険な場合があります。

医師や薬剤師にこれだけは伝えよう

医師の診察の時、症状などを医師に伝えるのはもちろんですが、薬を安全に使うために、次のようなことは必ず伝えるようにしましょう。

(1)女性の場合、妊娠の有無(最終月経開始日)

(2)女性の場合、授乳中であるか

(3)ほかに治療中の病気など(眼科や歯科も含む)があればその病名

(4)ほかにのんでいる薬……大衆薬も含めて具体的に名前まで

(5)薬などでのアレルギーや副作用の経験……具体的にどんな薬で、どんな症状が出たか

この5項目は薬剤師にも伝えましょう。同じことを医師に伝えたからいいだろう、と考えるかもしれませんが、薬の安全のためには二重、三重のチェックが大切なのです。とりわけ薬剤師は貴重なチェッカーなのです。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります