ページ内を移動するためのリンクです

ヒトアジュバント病 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ひとあじゅばんとびょう

ヒトアジュバント病

ヒトアジュバント病について解説します。

執筆者:

ヒトアジュバント病の解説(コラム)

 異物を挿入する美容形成手術後に、膠原病(こうげんびょう)あるいはそれに類似した症状を示す病気のことです。ほとんどはシリコンやパラフィンを直接注入する豊胸術の実施から10年以上たって、発症します。バッグに密封したシリコンを挿入する方式に変更されて以降、本症の発症はほとんどなく、新たに診断される患者数は減っています。

 強皮症(きょうひしょう)、全身性(ぜんしんせい)エリテマトーデス、関節(かんせつ)リウマチと区別のつかない場合もありますが、多くは関節炎(かんせつえん)、筋肉痛、紅斑(こうはん)、発熱、炎症反応の上昇があるにもかかわらず、膠原病としては非典型的な症状を示します。

 治療は異物除去を優先しますが、それのみで治癒することはまれです。異物が体内に分散して完全に取り除くことができない場合も多く、多くの例で副腎皮質(ふくじんひしつ)ステロイド薬(プレドニン)による治療が必要になります。

膠原病と原因不明の全身疾患を小分類から探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで病院を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります