ページ内を移動するためのリンクです

急性胃腸炎 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

きゅうせいいちょうえん

急性胃腸炎

急性胃腸炎について解説します。

執筆者:

どんな感染症か

突然の嘔吐や下痢を伴う病気で、一過性のものをいいます。一般に、嘔吐は胃炎、下痢は腸炎の症状です。

主として、微生物やその毒素などで生じ、感染症型と毒素型に分けられます。微生物には、ウイルス、細菌、原虫などがあります。まれに、2つ以上の微生物によって起こることもあります。そのほか、化学物質やアレルギーなども関係します。

感染症法では、コレラ細菌性赤痢(せきり)腸チフスパラチフスは2類感染症で、状況に応じて入院や消毒などの処置が必要です。

腸管出血性大腸菌感染症は3類感染症で、特定職種への就業制限・消毒などの処置が必要です。

アメーバ赤痢、クロプトスポリジウム症、バンコマイシン耐性腸球菌(たいせいちょうきゅうきん)感染症、感染性胃腸炎(ウイルス性胃腸炎を含む)は4類感染症で、発症状況の収集と分析が行われ、その結果が公表されます。

急性胃腸炎は、食品などの原因物質や感染経路が明らかな場合がありますが、不明な場合も少なくありません。海外旅行などで、現地(滞在地)の食材や飲み水で感染することもあります。ペットなどから感染する場合もあります。

宿主(しゅくしゅ)(ヒト)側の免疫力が低下している場合は、感染が長期化する場合があります。また、急性胃腸炎が腸管のみに終わらずに全身に広がって、肝炎、脳炎(脳症)、腎炎、心筋炎などを生じる場合があります。

症状の現れ方

細菌性の場合は、嘔吐や下痢のほか、重症化すると血液が混入した、あるいは膿性(のうせい)の下痢便、発熱、腹痛などを伴い、ショック症状(血圧低下、意識障害など)を起こすことがあります。

ウイルス性の場合は、水様性の下痢便が特徴です。

検査と診断

細菌性が疑われた場合は、薬剤耐性菌(特定の薬が効かない)のことがあるので、細菌培養と薬剤感受性テストを行います。出血性大腸菌では、便から直接検査できるイムノクロマト法があります。

ウイルスの場合は、イムノクロマト法、酵素抗体法などの免疫学的手法での抗原検出が行われます。

近年、迅速診断法が普及するようになってきました。また、遺伝子診断法も細菌・ウイルス性で用いられます。

集団発生などの場合は、食材や環境などの検査も必要です。疫学やワクチンの開発には、微生物の血清型や遺伝子型を調べたり、究極的にはゲノム解析を行うこともあります。

簡易な病原体の検査としては、顕微鏡下での便中微生物染色、便中の白血球の数による推定があります。

治療の方法

治療法は、ウイルス・細菌・原虫の各項目を参考にしてください。

細菌性の場合は、ニューキノロンなどの抗生物質が用いられます。コレラのように脱水が強い場合は、輸液が重要です。ウイルス性の場合は、体内の電解質の保持のため、輸液を行う場合があります。

腸管内の正常細菌叢(そう)を保つため、生菌製剤の併用がすすめられます。

病気に気づいたらどうする

通常、夏の下痢症は細菌性(毒素を含む)が多く、冬の下痢症はウイルス性が多くみられます。しかし、近年の食材のグローバル化および冷凍保存などで、このことは必ずしもあてはまりません。

血便・膿性の便の場合は細菌性を疑います。一過性で1~2回の下痢で治まるなら、生菌製剤で様子をみることができますが、次第に悪化する場合や、血便・膿性の便の回数が多く続くようなら受診しましょう。

急性胃腸炎の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで整形外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×