ページ内を移動するためのリンクです

微量金属欠乏症 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

びりょうきんぞくけつぼうしょう

微量金属欠乏症

微量金属欠乏症について解説します。

執筆者:

微量金属欠乏症の解説(コラム)

 ここでは、亜鉛(あえん)および銅の2種類について概説します。

亜鉛欠乏症

 亜鉛は、生体内で多くの酵素の構成成分として作用しています。先天的に腸からの亜鉛の吸収障害がある腸性肢端皮膚炎(ちょうせいしたんひふえん)の患者さんでは、痂皮(かひ)(かさぶた)を伴う皮膚炎、脱毛、難治性下痢、発育不良や免疫力の低下がみられます。

 また、健康な人でも軽度〜中等度の亜鉛欠乏が生じると、味覚異常が生じることがよく知られています。

銅欠乏症(メンケス病)

 メンケス病は、先天的に腸からの銅吸収障害がある病気です。特有な縮れた毛髪をもち、けいれん、筋肉の緊張低下や精神・知能の遅れなどが生じます。

 治療法としては、注射による銅の補充を行います。軽症例には有効な場合がありますが、重症の場合は予後が不良で、ほとんどの患児が3歳ころまでに死亡します。

内分泌系とビタミンの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります