ページ内を移動するためのリンクです

副腎インシデンタローマ(偶発腫) 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ふくじんいんしでんたろーま(ふくじんぐうはつしゅ)

副腎インシデンタローマ(偶発腫)

副腎インシデンタローマ(偶発腫)について解説します。

執筆者:

副腎インシデンタローマ(偶発腫)の解説(コラム)

 胃腸、肝臓、腎臓など、腹部の病気で画像検査(超音波、CT、MRIなど)を行った時、偶然、副腎に腫瘍(しゅよう)が発見されることがあります。このように偶然、副腎に見つかった腫瘍を、副腎インシデンタローマ(偶発腫)といいます。近年、画像検査機器の精度が高くなり、小さな腫瘍も明瞭に描出できるようになったため、本疾患の発見頻度が増えています。

 偶然発見されたものは、すべてインシデンタローマと呼ばれるので、そのなかにはさまざまな病気が含まれます。精密検査で詳しい性状を診断して、適切な対処方法を決めなければなりません。

 副腎腫瘍の多くは良性ですが、大きな腫瘍の場合は悪性(=がん)の可能性が高まるので摘出手術が必要になります。

 一方、良性だとしても安心してよいわけではなく、ホルモンを過剰に産生する場合は、治療が必要となる場合があります。

 副腎はさまざまなホルモンを産生する臓器ですので、そこにできる腫瘍も、しばしば何らかのホルモンを産生しています。とくに、コルチゾールというホルモンを少しずつ産生する腫瘍の場合、目立った症状を引き起こすことがなくとも、数年かけて高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)などを引き起こす可能性があります。この状態は、サブクリニカルクッシング症候群と呼ばれ、手術が必要とされています。

内分泌系とビタミンの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります