ページ内を移動するためのリンクです

腎乳頭壊死 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

じんにゅうとうえし

腎乳頭壊死

腎乳頭壊死について解説します。

執筆者:

腎乳頭壊死の解説(コラム)

 腎乳頭壊死は、腎臓の内側にある腎乳頭という部分に血液が流れなくなる(虚血(きょけつ))病気で、別名「腎髄質壊死(じんずいしつえし)」とも呼ばれます。腎乳頭(髄質)はもともと血流が乏しい組織なので、虚血に陥りやすいという特徴があります。糖尿病や鎮痛薬(痛み止め)の多用が原因になったり、腎盂腎炎(じんうじんえん)が波及して発症します。

 症状としては血尿や混濁尿、発熱や腰痛・側腹部痛などがみられます。尿中に壊死した組織がみられたり、尿路を閉塞して水腎症(すいじんしょう)から腎不全を起こすこともあります。

 予防は、鎮痛薬の乱用をやめたり、糖尿病をしっかりと治療することが重要です。特定の治療法はありませんが、鎮痛薬が原因と考えられた場合には服用を中止します。

 腎盂腎炎が原因の場合や他の尿路感染症を併発している場合には、適切な抗生剤を使用します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります