ページ内を移動するためのリンクです

尿管異所開口 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

にょうかんいしょかいこう

尿管異所開口

尿管異所開口について解説します。

執筆者:

尿管口は尿管間靭帯(じんたい)の上に開口し、内尿道口と合わせて膀胱三角部を形成します。尿管異所開口は、この膀胱三角部以外に尿管が開口するもので、女性に多くみられます(男女比は1対3)。

次項で述べる重複腎盂尿管(ちょうふくじんうにょうかん)の完全型(腎盂が2つ、尿管も下端まで2本あるもの)の場合は、上腎杯からの腎盂尿管は膀胱の下方(尿道側)に開口し、下腎杯からの腎盂尿管は膀胱の上方(腎臓側)に開口します。このため、2本の尿管は途中で交差する(これをワイゲルトマイヤーの法則という)ことになります。上腎杯からの腎盂尿管は膀胱頸部・尿道に開口します(図12)。

女性では、このほか腟や子宮にも開口し、尿失禁で発見されることもあります。男性では前立腺部尿道、精嚢(せいのう)などに開口します。

いずれの場合も上腎杯からの腎盂尿管は水腎・水尿管症を起こしていることが多いといわれています。また、尿路感染を繰り返し、精密検査をして初めて発見されることもあります。静脈性腎盂造影、逆行性腎盂造影を行うことで診断します。

治療の方法

治療は、異所開口している部位の尿管を引き抜いて閉鎖し、膀胱の別の部位に新しく吻合します(膀胱尿管新吻合術)。

尿管異所開口の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×