ページ内を移動するためのリンクです

末梢神経が圧迫される病気〈総論〉 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

まっしょうしんけいがあっぱくされるびょうき〈そうろん〉

末梢神経が圧迫される病気〈総論〉

末梢神経が圧迫される病気〈総論〉について解説します。

執筆者:

どんな病気があるのか

末梢神経が圧迫される病気とは、中枢神経の脳・脊髄(せきずい)から続く末梢神経が背骨を出てから手足に向かう間に、そのとおり道が狭い場所で慢性的に圧迫を受けて起こる神経麻痺です。

神経が支配する部位の皮膚にしびれ感が現れたり、感覚がにぶくなったりします。さらに神経が支配する筋肉がやせ細ったり、筋力が低下して運動ができなくなります。

病気の種類は多く、腕や手や足にみられます。鎖骨(さこつ)周辺で腕神経叢(わんしんけいそう)という腕や手に行く末梢神経の束が圧迫される胸郭出口(きょうかくでぐち)症候群、肘で尺骨(しゃっこつ)神経が圧迫される肘部管(ちゅうぶかん)症候群、手首で正中神経が圧迫される手根管(しゅこんかん)症候群などがよくみられます。

そのほかには、肘で橈骨(とうこつ)神経が圧迫される橈骨神経管症候群、肘で正中神経が圧迫される円回内筋(えんかいないきん)症候群、手首で尺骨神経が圧迫される尺骨神経管症候群、臀部(でんぶ)で坐骨(ざこつ)神経が圧迫される梨状筋(りじょうきん)症候群、足首で脛骨(けいこつ)神経が圧迫される足根管(そくこんかん)症候群などがあります。

原因について

関節の周辺では、末梢神経が狭いトンネルを通るため圧迫を受けやすくなり、関節の動きによって引き延ばされやすくなります。また、神経が筋肉のなかをとおる時にも圧迫や摩擦(まさつ)を受けやすくなります。さらに、このような神経が障害を受けやすい場所に、ガングリオン嚢腫(のうしゅ)という粘調な液がたまる袋ができたり、炎症が起こると、麻痺が出やすくなります。

症状の現れ方

末梢神経は、皮膚の感覚と筋肉の運動を支配しているので、圧迫を受けると両者の症状が現れます。

初期は圧迫された神経が支配する部位の手足の皮膚に、しびれ感や痛みを生じます。症状は朝方目を覚ました時に強く、ひどい時には夜間睡眠中に痛みやしびれで目が覚めてしまいます。進行すると神経が支配する手足の筋肉がやせてきたり筋力が低下して、その筋肉の運動ができなくなります。

検査と診断

神経が圧迫を受けている場所をたたくとしびれや痛みが走るティネル徴候と、神経が支配する場所の感覚障害・運動障害で診断できます。電気を用いた検査では、神経を電気で刺激してから筋肉が反応するまでの時間が長くなります。

治療について

末梢神経が圧迫される病気は種類が多く原因もさまざまなので、正しい診断が治療には絶対に必要です。一般にしびれや痛みだけの場合は、 安静にして消炎鎮痛薬やビタミンB剤を内服します。これらの保存療法が効かない場合や筋肉にやせ細りがある場合は、手術を行います。

病気に気づいたらどうする

腕や手、足にしびれや痛みがあり、朝起きた時にひどかったり夜間睡眠中に目が覚めるようならば、整形外科を受診してください。筋肉にやせ細りがあれば急を要します。

同様の症状が現れる病気は、脊椎(せきつい)の疾患や糖尿病などいろいろあるので、正しい診断を受けて治療を開始することが重要です。

運動器系の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで整形外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります