ページ内を移動するためのリンクです

抗てんかん薬の血中濃度測定 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

こうてんかんやくのけっちゅうのうどそくてい

抗てんかん薬の血中濃度測定

抗てんかん薬の血中濃度測定について解説します。

執筆者:

抗てんかん薬の血中濃度測定の解説(コラム)

 抗てんかん薬が確かに服用され、体重あたりの十分量がとられているかを確認するために、薬の量を調べる血液検査を、抗てんかん薬血中濃度測定といいます。

 服用された抗てんかん薬は消化管から体に吸収されて血液の流れとともに脳内に取り込まれて初めて、抗てんかん作用が現れます。脳は糖脂質と呼ばれる脂肪の塊のようなものでできており、脳内に入り込むには脂肪に溶けるような薬の性質が必要です。消化管からの吸収や肝臓での代謝が極めて複雑な抗てんかん薬、とくにフェニトイン、バルプロ酸ナトリウムの場合には3〜4カ月ごとの血中濃度測定が必要です。

 てんかん発作を抑えるためには一定の濃度が血中に保たれる必要があり、そのためのむ薬の量が正しくても血中の薬物濃度が低い場合にはさらに服用量を増やす必要があるので、血中濃度測定が必要となります。

 発作のコントロールがうまくいかない時には、まれに患者さんが指示どおり正しく薬を服用していないこともあるので、そのチェックのためにも測定されます。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります