ページ内を移動するためのリンクです

一過性全健忘症候群 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

いっかせいぜんけんぼうしょうこうぐん

一過性全健忘症候群

一過性全健忘症候群について解説します。

執筆者:

一過性全健忘症候群の解説(コラム)

時には健忘症だけが症状のこともある

 脳卒中には時に片麻痺(かたまひ)や意識レベルの低下以外に、一般の人がみると脳卒中とは思えない症状の場合もあります。その例のひとつに「一過性全健忘」があります。

 これは必ずしも脳卒中にかぎらず、頭部外傷や何らかの精神的ショックがあった時や、てんかんのひとつの症状としても起こるのですが、一時的で、病院に行った時は治っていることが多いので、医師にすら診断できないこともあります。

 一過性全健忘の症状は、急に自分でも何かおかしく感じて、周囲の人などに「自分は今、何をしていたか、今は何時か、食事はしたか」などの質問をしますが、すぐに忘れてまったく同じ質問を何回も繰り返すので周囲の人もおかしいと気づきます。今までしていたこと、今したことや、今聞いたことをすぐ忘れてしまいますが、自分の名前や、よく知っている周囲の人々の名前、過去のことなどを間違えることは通常ありません。計算などや一般常識も保たれていますが、今から数日前あるいは数週間くらい前のことは完全に忘れていることが多いのです。

 だいたい1日以内にこの症状はよくなり、以前のことも少しずつ思い出しますが、時には発症直後のことだけは思い出せないままになってしまうこともあります。

 この症状は再発することは比較的少なく、これがきっかけで完全な健忘症や認知症(にんちしょう)になることはまれなので、あまり心配しなくてよいのですが、一度は専門家に原因をよく調べてもらうとよいでしょう。この原因が脳卒中であることもあるからです。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります