ページ内を移動するためのリンクです

冠動脈危険因子 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

かんどうみゃくきけんいんし

冠動脈危険因子

冠動脈危険因子について解説します。

執筆者:

冠動脈危険因子の解説(コラム)

 近年、食生活の欧米化、自家用車・電化製品の普及などに伴って、日本でも肥満、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病が増加し、狭心症(きょうしんしょう)・心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)の罹患率が上昇してきました。

 米国ではすでに虚血性心疾患の予防ガイドラインがあり、成果をあげていますが、日本でも2001年に日本循環器学会がより日本人の特徴に合わせた「虚血性心疾患の一次予防ガイドライン」を発表しました。ガイドラインでは危険因子として、以下のものをあげています。

(1)加齢:45歳以上の男性、55歳以上の女性あるいは43歳未満で閉経し、ホルモン補充療法を受けていない女性

(2)冠動脈疾患の家族歴

(3)喫煙習慣

(4)肥満:BMI〈体重kg÷(身長mの2乗)〉が25以上、かつウエスト周囲径が男性で85cm以上、女性で90cm以上

(5)高血圧(収縮期血圧140mmHg以上、あるいは拡張期血圧90mmHg以上)

(6)耐糖能異常:糖尿病または境界型糖尿病

(7)高コレステロール血症:総コレステロール220mg/dl以上、あるいはLDL(悪玉)コレステロール140mg/dL以上

(8)高トリグリセリド(中性脂肪)血症:150mg/dl以上

(9)低HDL(善玉)コレステロール血症:40mg/dl未満

(10)メタボリックシンドロームは、診断基準検討委員会に従い、内臓肥満蓄積(ウエスト周囲径が男性で85cm、女性で90cm以上)を必須にして、(a)高トリグリセリド血症150mg/dL以上かつ/または低HDLコレステロール血症(40mg/dl未満)、(b)収縮期血圧130mmHgかつ/または拡張期血圧85mmHg以上、(c)空腹時高血糖110mg/dL、うち2項目以上をもつものとする

(11)精神的・肉体的ストレス

 年齢・性別など避けられない危険因子もありますが、ほとんどのものが生活習慣(食事・喫煙・運動など)の改善、薬物療法により回避できます。

 ガイドラインでは、カロリー過多、脂肪(とくに肉類・卵)のとりすぎ(総カロリーの20〜25%が望ましい)に注意し、減塩(1日10g未満)、食物繊維・ビタミン・ミネラルをバランスよくとることを勧告しています。また、適度な運動を30分以上・週3〜4回行うこと、受動喫煙を含めた禁煙が推奨されています。ストレスへの対応については、作業量を工夫し、長時間労働を避け、休日・休息を確保することが大切です。

 健康診断を定期的に行い、生活習慣病を早期に発見し、適切な治療を受けることが重要です。

循環器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります