ページ内を移動するためのリンクです

貧血と神経調節性失神 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ひんけつとしんけいちょうせつせいしっしん

貧血と神経調節性失神

貧血と神経調節性失神について解説します。

執筆者:

貧血と神経調節性失神の解説(コラム)

 よく、電車のなかで立っている時、“貧血”で倒れ、意識を一瞬失った(失神)とか、めまいがしたと訴える人がいます。一般に、この症状は長時間の一定の立位が誘引になって、血圧の低下や心拍数の低下を生じ、一過性に脳の血流が途絶えたことが原因です。つまり、神経調節性失神が原因になる病気です。

 一方、医学的に貧血とは「血液中の赤血球が不足した状態」を指し、貧血のみで失神を起こすことは極めてまれであり、大量出血により生じた重症の急性貧血の場合のみです。

 神経調節性失神の症状は特徴的なので、適切な診断を受け、生活指導や薬物治療に従うことが大切です。

循環器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります