ページ内を移動するためのリンクです

染色体 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

せんしょくたい

染色体

染色体について解説します。

執筆者:

染色体の解説(コラム)

 子どもの顔や体つきが親に似るように、親の形質が子に伝わる現象を遺伝といいます。ヒトの体は約60兆個の細胞からできていて、それぞれの細胞の核のなかにはデオキシリボ核酸(DNA)が入っています。DNAは長い糸のようなもので、ここに蛋白質をつくるための暗号が並んでいます。

 ある蛋白質をつくるために必要なDNAの一部分を遺伝子といいます。遺伝を担っているのがこの遺伝子で、ヒトでは2万数千個あると考えられています。DNAで遺伝子に相当する部分は約5%だけで、残りの部分のはたらきはよくわかっていません。

 染色体は細胞核のなかでDNAがヒストンなどの蛋白質に巻きついて折り畳まれたものです。ヒトの染色体は直線状で、動原体(どうげんたい)を境に短腕(たんわん)(p)と長腕(ちょうわん)(q)に分けられます。ヒトには46本の染色体があります。このうち2本は性染色体(せいせんしょくたい)で男女の性別の決定に関わり、女性はXX、男性はXYの組み合わせです。残りの44本は常染色体(じょうせんしょくたい)で、2本ずつ対をなしています。大きさと形からこれらには1〜22番の名前がついています。

 子どもは両親それぞれから22本の常染色体と1本の性染色体のセットを受け継ぎます。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで小児科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります