ページ内を移動するためのリンクです

硝子体の手術 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

しょうしたいのしゅじゅつ

硝子体の手術

硝子体の手術について解説します。

執筆者:

硝子体の手術の解説(コラム)

 硝子体出血や硝子体混濁など硝子体の透明性が低下している場合や、網膜剥離(もうまくはくり)や黄斑円孔(おうはんえんこう)など硝子体が網膜を引っ張っている場合には、硝子体手術(ビトレクトミー)を行って硝子体を除去します。

 この手術は特殊な手術装置を用いて顕微鏡下で行われます。硝子体を切除吸引するだけだと眼球がへこんでしまうので、イオンバランスのとれた液体が硝子体のなくなった体積の分だけ自動的に入るようにしておきます。

 眼のなかは暗いため、眼内照明が必要です。透明な組織である硝子体を見るのは容易ではありません。少しでも見やすくするため、部屋は暗くして手術を行います。眼内に入れる器具は、直径約1mm以下のとても細い器具です。

 網膜剥離や黄斑円孔などの手術では、約2週間で吸収されるガスやシリコーンオイルを最後に眼内に入れます。ガスやオイルは液体より軽いので、浮力で網膜を押しつけるために、うつむきの姿勢をとることが必要です。

 近年の硝子体手術の進歩は著しく、今まで治療法がなかった病気でも手術が可能になってきています。

眼の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで眼科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります