ページ内を移動するためのリンクです

運動器系の病気(外傷を含む)の現状 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

うんどうきけいのびょうき(がいしょうをふくむ)のげんじょう

運動器系の病気(外傷を含む)の現状

運動器系の病気(外傷を含む)の現状について解説します。

執筆者:

解説(概論)

2002年の「国民衛生の動向」によると、体のどこが具合が悪いかを示す割合、すなわち有訴率は第1位が腰痛、第2位が肩こり、第3位は手足の関節の痛みであり、すべてが運動器系の病気です。この順位は日本の少子高齢社会を反映したものであり、運動器系の病気が高齢者に圧倒的に多いのに対して、子どもの病気が激減したことを表しています。この傾向は今日も変わりません。

運動器系の病気は、約30年前は子どもの病気、とくに先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)、先天性筋性斜頸(きんせいしゃけい)が大半を占めていました。しかし、今日ではこれらの病気はまれとなり、以前と同じ割合で推移しているのは先天性内反足(ないはんそく)、ペルテス病などの骨端症(こつたんしょう)、骨折・脱臼などの外傷であり、増加しているのがスポーツによる四肢の外傷・障害です。

病気と年齢の関係では先天性内反足、骨・関節の先天性の形態異常、非外傷性脱臼(ひがいしょうせいだっきゅう)は新生児、乳児に多く、骨折、脱臼などの外傷は幼児期、年長児期に多くみられ、とくに肘、手関節(手首)に好発します。骨端症は年長児期から少年期にみられ、スポーツ外傷、障害は思春期から青年期に多発します。整形外科を訪れる患者さんの5人に1人は腰痛ですし、変形性脊椎症 (へんけいせいせきついしょう)が圧倒的に多く、肩こりも頸椎の病気が原因である場合が多く、いずれも壮年期以降の人に多くみられ、高齢になるほど増えてきます。

女性では50〜60歳以降になると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)による腰背痛、男性ではさまざまな原因によって脊柱管が狭くなり、なかに存在する脊髄、馬尾(ばび)、神経根を圧迫する脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)が多くなります。この場合は両足から上行するしびれが現れ、歩行が困難になります。また椎間板や脊柱後方(せきちゅうこうほう)支持組織の変性(破壊)による腰痛は年齢とともに増えてきます。頸椎の変性・配列変化、椎間板変性(ついかんばんへんせい)、 靭帯骨化症(じんたいこつかしょう)などによる肩こり、腕や手のしびれ、痛みなども加齢とともに多くなってきます。

また、腰痛などの脊椎の病気とともに、関節の変形に基づく変形性関節症が、壮年期から高齢者になるにつれて増加します。

運動器系の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで整形外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります