ページ内を移動するためのリンクです

肺炎 症状チェック-メディカルiタウン


文字の大きさ
標準

ここから本文です

症状チェック

肺炎

質問に対する回答を選んで、「選択完了」ボタンをクリックしてください。

1急にさむけがして、からだがガタガタふるえること(悪寒)がありましたか

項目を選択してください。

2からだがだるいですか

項目を選択してください。

3頭痛がしますか

項目を選択してください。

4顔がほてったり、からだが熱くなったりしましたか

項目を選択してください。

5せきやたんが出ますか

項目を選択してください。

6たんに血が混じったり、色がついていますか

項目を選択してください。

739~40度の高熱がありますか

項目を選択してください。

8高熱が5日以上続いていますか

項目を選択してください。

9せきをしたり、深呼吸をすると胸が痛みますか

項目を選択してください。

10息が苦しいですか

項目を選択してください。

11チアノーゼ(くちびるやほおなどが紫色になる)はありますか

項目を選択してください。

選択されていない項目があります。

選択完了

[ご利用上の注意]
「症状チェック」 は、特徴的な症状に対する一般的な傾向として医学知識の情報を提供するものであり、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医師にご相談のうえ、専門的な診断を受けるようにして下さい。

肺炎とは

肺炎の原因は細菌やウイルスの感染、誤飲、膠原病やリウマチなどの病気、化学物質、アレルギーなど多岐にわたります。原因によって症状に多少の違いがありますが、悪寒、高熱、せき、たんがおもな症状です。

肺炎は特殊なものを除いては、回復する病気です。しかし、高齢者の場合には死亡率が高い病気で、高齢者の3割が肺炎で亡くなります。高齢者の罹患率が高い肺炎球菌については予防ワクチンがあり、インフルエンザワクチンと併用すれば効果的です。

肺炎の種類

もっとも多いのは細菌性肺炎です。インフルエンザがこじれて起こるウイルス性肺炎も多く、麻疹や水痘でも肺炎が併発します。若い人に多いのがマイコプラズマ肺炎です。その他、クラミジア肺炎、カリニ肺炎などがあります。

細菌による肺炎は高熱や血や色のついたたんが特徴です。抗生物質が効かない多剤耐性細菌(MRSAやVRE)によって起こる肺炎もあり、体力の落ちた高齢者や病人などは命にかかわる事態にもなりかねません。

肺炎の症状が出たら

肺炎の疑いがあれば、まず、医師の診察を受けましょう。内科や呼吸器内科が適当ですが、かかりつけの医で最初に診てもらうのもいいでしょう。動かせない病人の場合は、医師の診察を待つ間、安静を保ちましょう。気温が低いときは部屋を暖め、保湿も忘れずに。

呼吸器の異常の可能性

肺炎ではなくとも、ほかの呼吸器系の病気だったり、別の病気が隠れている可能性もあります。かぜやインフルエンザといった病気をこじらせると、気管支炎から肺炎に進むこともありますから、疑いが少しでもあれば、かかりつけ医や一般内科を一度受診するほうがいいでしょう。

肺炎の検査

肺炎かどうかわからない方

ほかの病気が隠れているかどうかを調べるためにも、胸部X線検査と血液検査は最低限必要です。医師の判断によっては、さらに、たんの検査、CT検査、胸水検査、呼吸機能検査、嚥下検査、細菌培養検査をおこないます。

肺炎の疑いがある方/おおいにある方

肺炎の種類を特定するためにも、検査は欠かせません。胸部X線検査と血液検査で肺炎の炎症を確認します。さらに、たんの検査で原因となる細菌やウイルスを特定します。また、必要に応じてCT検査、胸水検査、呼吸機能検査、嚥下検査、細菌培養検査をおこないます。

肺炎の治療・予防は

必ず医師の診察を受けてください。呼吸器内科の受診が適当ですが、一般内科やかかりつけ医でもかまいません。専門医の診察が必要な場合には紹介してもらえるはずです。

治療は原因となる細菌を特定して、それに効く抗生物質を投与する必要があります。症状に応じて、通院で治療が可能な場合と、入院が必要な場合があります。肺炎が広範囲に広がっていたり、糖尿病などの病気がある場合には入院治療となります。

症状を軽くするためには、解熱剤や去痰薬を使います。息切れや呼吸が苦しい場合には酸素を吸入したり、重症な場合には気管切開をして人工呼吸器を付けることもあります。

高齢者が多くかかり、死亡率の高い肺炎球菌については予防ワクチンがあります。インフルエンザワクチンと併用すればたいへん効果的です。

監修 : 梅田 悦生 赤坂山王クリニック院長
監修 : 岡田 郷 日本小児科学会専門医、医学博士
編集製作 : 株式会社 時事通信出版局

掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。
(C)株式会社 時事通信出版局
免責事項・著作権等について

24時間Web予約!便利なポイントと使い方 iタウンページ診療予約

子どもの歯のケア安心ガイド 虫歯予防・治療・矯正

24時間Web予約!便利なポイントと使い方 iタウンページ診療予約

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります