ページ内を移動するためのリンクです

耳管狭窄症、耳管開放症 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

じかんきょうさくしょう、じかんかいほうしょう

耳管狭窄症、耳管開放症

耳管狭窄症、耳管開放症について解説します。

執筆者:

どんな病気か

中耳腔(ちゅうじくう)と鼻の奥に存在する上咽頭(じょういんとう)は、耳管と呼ばれる管でつながっています。通常、この管はふさがっていますが、あくびや物を飲み込む時に開き、中耳が換気され外界と圧が平衡状態になります。

この調節機構がはたらかず、耳管がうまく開かなかったり、常に開いた状態になると、さまざまな症状が出現します。耳管の閉塞は、耳管周囲の炎症により、粘膜に浮腫(ふしゅ)(むくみ)が起こることで生じます。

原因は何か

原因としては、かぜに伴う上気道炎、副鼻腔炎(ふくびくうえん)に伴う後鼻漏(こうびろう)であることが大半です。そのほか、アデノイド肥大や腫瘍による機械的圧迫によることがあります。

耳管開放症は、最近増加傾向にあり、女性がやや多くなっています。急激な体重減少のあとに起こることが多いようです。

症状の現れ方

症状はよく似ており、どちらも耳閉感(じへいかん)を訴えます。耳管狭窄症ではさらに軽度難聴(なんちょう)、滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)を起こすことがありますが、耳管開放症では自分の声が響いて聞こえたり、ゴーゴーという自分の呼吸音に悩まされたりします。

検査と診断

耳管狭窄症は、ティンパノメトリーという検査や耳管通気(じかんつうき)で実際に狭窄を確認することができます。

一方、耳管開放症では、体重の急減の有無や、体位で症状が変化するか(横に寝ると症状は軽快)、鼻すすりで一時的に軽快するかを確認できれば、診断は容易ですし、鼓膜(こまく)が呼吸によって動揺するのを認めれば確実です。

治療の方法

耳管狭窄症では、耳管開口部の炎症を取り除くのが基本で、鼻の処置、鼻ネブライザーを行います。中耳の貯留液を取り除くため、耳管通気を行いますが、頻回の処置はかえって炎症を引き起こします。このような保存的治療で改善しない時は、鼓膜換気チューブを留置します。

耳管開放症の治療は、軽症では生活指導、トランキライザー(精神安定薬)の投与で様子をみます。効果がなければ、耳管開口部に薬液を噴霧して炎症を起こし、狭窄させる保存的治療が一般的ですが、これは効果の持続時間が短いのが欠点です。時に鼓膜チューブ留置術により自覚症状が改善することがあります。

治りにくい場合には、耳管周囲への脂肪やコラーゲンの注入、ピンの挿入も行われているので、専門医に相談してください。

耳管狭窄症、耳管開放症の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

耳の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで耳鼻咽喉科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×