ページ内を移動するためのリンクです

耳閉塞感 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

じへいそくかん

耳閉塞感

耳閉塞感について解説します。

執筆者:

耳閉塞感の解説(コラム)

 耳閉塞感、つまり「耳が詰まる感じ」は外耳道、中耳、内耳、内耳道のいろいろな病気で起こります。最も簡単なのは外耳道で、耳垢(じこう)(耳あか)が外耳道に詰まると閉塞感が生じ、髪の毛などの異物や耳垢のかけらが鼓膜(こまく)にくっついても耳が詰まった感じがしますが、これらは耳垢や異物を摘出すれば治ります。

 耳かきや平手打ちなどで鼓膜が破れた時も、耳が聞こえにくいだけでなく、詰まった感じを伴うことがあります。

 急性中耳炎や滲出性(しんしゅつせい)中耳炎で鼓膜の内側に液体がたまると耳閉塞感が起こりますが、中耳に液がなくても、耳と鼻をつなぐ耳管の通りが悪い耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)や、逆に耳管が開いたままになる耳管開放症でも、自分の声が耳にこもる、あるいはひびく感じと耳閉塞感が生じます。

 耳閉塞感を起こす病気のなかでも頻度が高いのがメニエール病です。メニエール病はめまいに難聴や耳鳴り、耳閉塞感など耳の症状を伴うのが特徴ですが、人によっては耳閉塞感だけで始まることもあるので注意が必要です。

 そのほか、突発性難聴や低音障害型感音難聴といった内耳の病気や、バランスの神経由来の脳腫瘍である聴神経腫瘍でも耳閉塞感を感じることがあります。

 内耳や内耳道などの病気は外から鼓膜を見てもわからないので、聴覚や平衡機能についてのいろいろな検査、CTやMRIなどの画像検査を総合して診断します。このように、耳閉塞感というありふれた症状の向こうには実に多彩な病気が隠れています。異なる病気には異なる閉塞感があるのかもしれませんが、そのように微妙な違いを言葉で表すのはむずかしく、結局「耳閉塞感」という同じ表現になってしまいます。したがって、自覚症状だけから正確な診断に到達するのは事実上不可能であり、「耳あかが詰まったのだろう」などと自己判断するのではなく、積極的に専門医の診察を受けることをおすすめします。

耳の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで耳鼻咽喉科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります