<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WFG672H&l=dataLayer" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden"></iframe>

病気事典[家庭の医学]

関節が痛い(関節痛)

執筆者:

腰痛、関節痛

人の体は、200本を超える骨によって形づくられています。骨と骨の連結部分を関節といい、骨と関節、それを動かす筋肉や腱、さらに運動神経や知覚神経により、私たちの体は自由に動くことができるようになっています。

したがって、それらのどれかひとつにでも障害が起こると、さまざまな痛みが生じてきます。ここでは、そのなかの「腰痛」と「関節痛」についてみていきます。

関節痛から考えられる主な病気

主な症状と、付随する症状から、疑われる病気を調べることができます。
病気名を選択すると、その病気の解説へ遷移します。

膠原病

症状 疑われる病気名
両頬の蝶形紅斑、中心部が脱色して萎縮した発疹、寒冷時の手指の蒼白~紫色 全身性エリテマトーデス
ゆっくりと進行する筋力の低下、筋肉痛、眼瞼部のはれた紫赤色の皮疹 多発性筋炎・皮膚筋炎
手指から体の中心に向かって広がる皮膚の硬化、寒冷時の手指の蒼白~紫色 強皮症
発熱、体重減少、紫斑、皮膚の潰瘍、貧血、胸痛、腹痛、血痰、高血圧 結節性多発動脈炎・顕微鏡的多発血管炎
発熱、全身倦怠感、体重減少、筋肉痛、紫斑、手や足のしびれ アレルギー性肉芽腫性血管炎
全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎、強皮症の症状をあわせもつ 混合性結合組織病
手指などの朝のこわばりが特徴、左右対称性の関節の痛み、はれ、発赤、熱感 関節リウマチ
大きな関節(膝、足首、肘、手首など)に左右対称に現れるはれ・痛み 小児特発性関節炎
口や眼の乾き、耳下腺のはれ、味覚異常、疲れ眼、関節の朝のこわばり シェーグレン症候群
発熱、関節の痛みとはれ、皮膚に輪の形をした赤い発疹、心不全症状 リウマチ熱

その他

症状 疑われる病気名
急に足の親指のつけ根などにはれ・熱感・発赤を伴う激痛 痛風
関節(半数以上が膝関節)のはれ・痛み・熱感・発赤、発熱、体重減少 偽痛風
膝、股関節、膝・手・足・肘の関節痛 変形性肘関節症 手における変形性関節症 変形性股関節症 変形性膝関節症 変形性足関節症
正座や足首の前の部分をこする動作により足首の前に起こる痛み・はれ 足関節滑液包炎
股関節・膝関節の痛み、歩く様子がおかしい、3歳~10代前半の男子に多い ペルテス病
手足の骨の関節に近いところから発症、骨の関節の痛み・はれ、筋肉痛 骨肉腫
発熱、寒気、ふるえ、膝・太もも・肩などの関節の痛みとはれ 化膿性関節炎
[ご利用上の注意]
一般的な医学知識の情報を提供するもので、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医療機関にご相談ください。

関節痛を起こす病気

関節に異常が起こると、痛みをはじめ、はれや運動制限、強直(きょうちょく)(関節が固まり動かなくなること)、変形などが生じます。関節の痛みには、とくに刺激を加えないのに痛む自発痛、押すと痛む圧痛、動かすと痛む運動痛があります。その痛みはさらに、1カ所の関節が痛む単発性と複数が痛む多発性、片側の関節が痛む場合と左右対称に痛む場合に分けられ、これらは病気を診断するうえで重要なポイントになります。

関節痛といえば、膠原病(こうげんびょう)があげられます。全身に分布する膠原線維が何らかの原因で変化して起こる病気です。症状は病気により差がありますが、発熱、体重減少、関節や皮膚・循環器・肺・腎臓の症状、貧血など、かなり共通した症状を示します。

そのほか、足の親指が突然激しく痛みだす痛風や骨の腫瘍など、さまざまな病気が関節痛を起こします。骨肉腫は代表的な骨の悪性腫瘍で、若い人に多く発生します。腫瘍の増殖が旺盛で、肺を中心としたほかの部位へ転移しやすい性質をもっているため、何よりも早期発見が望まれます。