ページ内を移動するためのリンクです

下腹部痛<女性> 病気事典[家庭の医学]- メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

下腹部痛<女性>

女性に特有の症状

女性に特有の症状には、乳房、子宮・腟(ちつ)・卵巣などの病気や、月経の異常、妊娠や出産の異常などからくるものがあります。ここでは、そのなかから月経の異常、不正性器出血、おりもの、下腹部痛、乳房の病気についてみていきます。

女性特有の症状から考えられる主な病気

主な症状と、付随する症状から、疑われる病気を調べることができます。
病気名を選択すると、その病気の解説へ遷移します。

症状 疑われる病気名
発熱、下腹部を押して離すと痛む、気分不快、嘔吐 子宮付属器炎
月経血量の増加、動悸・息切れなど貧血症状、下腹部の腫瘤・膨満感、腰痛、不正性器出血、排尿障害、不妊 子宮筋腫
下腹部の不快感、発熱、膿性のおりもの、不正性器出血 子宮内膜炎子宮筋層炎
突然の下腹部痛、腟付近の膨満感、大量不正性器出血、ショック 子宮内反症
月経困難症、性交痛、排便痛、不妊 子宮内膜症
発熱、悪感、ふるえ、吐き気・嘔吐 骨盤腹膜炎
下腹部膨隆、腹部膨満感、不正性器出血、おりもの、便秘、頻尿 卵巣腫瘍
月経痛、慢性骨盤痛、性交痛 チョコレート嚢胞
[ご利用上の注意]
一般的な医学知識の情報を提供するもので、皆様の症状に関する個別の診断を行うものではありません。気になる症状のある方は、医療機関にご相談ください。

下腹部痛

下腹部痛も、女性の病気でよくみられる症状です。月経と関連はないか、発症は突然か、随伴症状はないかなどに注意しましょう。下腹部痛は、そのほか泌尿器や消化器などの病気でも起こります。

近年、女性の病気として増加しているものに子宮内膜症があります。これは、子宮内膜あるいは子宮内膜とよく似た組織が、子宮の内腔以外(骨盤内、卵巣内など)に発生し、エストロゲンの刺激を受けて増殖する病気です。

主な症状は、月経困難症、下腹部痛、性交痛、排便痛などです。放置しておくと、不妊の原因になったり、がん、とくに卵巣がんへ移行することもあるので、痛みが続くようなら受診するようにしましょう。

執筆者:

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります